--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.08.21 ちょっと聴いてみな
カバーアルバムってよくあるじゃない?
ある歌手が歌った曲を、別の歌手がアレンジ変えて歌うやつ。あれ、結構好きなんだよね。
外国のヒット曲を日本人が歌って大ヒットすることもあるよね。(西條秀樹のYMCAとか・古!)
「ほう」と感心したのが、ジャズピアニスト、ビル・エバンスのオリジナル「ワルツフォーデビー」を
歌った土岐麻子。キュートな声質がこの楽曲にピッタリ。
ジャズっていう音楽を聴いていると、その曲の良さもさることながら、その曲をどう解釈して演奏
するかっていうところが大変興味深く、所謂「カバーしている」なんていうことにはあんまり興味はない。
しかし、今回ご紹介するのはウェザーリポート(以下WR)の「カバーアルバム」それも極上。
「ACOUSTIC WEATHER REPORT」 クリヤ・マコト,納浩一,則竹裕之で編成されたピアノトリオの演奏。

awr.jpg

1曲目のキャノン・ボールから エレガント・ピープル、ハヴォナ、お前のしるし、パラディアム、
ティーン・タウン、ヤング・アンド・ファイン、バードランドとWRファンにはドンピシャの選曲。それを
サックス抜きのトリオ演奏でやっちまった。それも、バリバリのアコスティック。
で、ただのカバーではありません。(ただのカバーは原曲を忠実に再現したがる)
これらの曲をモチーフにした3人のインプロビゼーションが半端ない。アドリブの嵐、原曲を残し
つつの即興。原曲を知っているファンは、改めてWRって良い曲作ったんだなーと感心しつつ、
このトリオの力量に圧倒されるだろうし、初めて聴く人にとっても馴染みやすいメロディと迫力に
圧倒されるんじゃないかなー。
いやいや、「カバーアルバム」なんて言い方失礼なほどJAZZ。もっと聴いてみたいなー。
(第2弾なんて出ないかなー)
演奏者を全く知らないで買ったけれど、ジャケット中の3人のポートレイトを見て納得。
ワタクシと同じフージョン世代のおじさんたちじゃない、ワタクシたちWRファンのことわかってらっしゃる。

スポンサーサイト
2017.08.07 バベルの塔
bryugeru001.jpg

ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel(Brueghel) de Oude [ˈpitər ˈbrøːɣəl],、
16世紀のブラバント公国(現在のオランダ)の画家。の「バベルの塔」、鑑賞。
画像のバベルの塔は東京~大阪と巡回しているピーテル・ブリューゲルの作品ではない。
ピーテル・ブリューゲルの父親のピーテル・ブリューゲルの作品。(ややこしいが、そういうこと)

息子のバベルの塔も、宣伝効果も功を奏して注目を浴びていますが、精細な描写とリアルな設定で
描かれた作品は、父親だって負けてはいない・・・というか、このころの画家はこれくらいの描写力は
あって当たり前。だからこそ、名画として歴史に残る。米粒に人物の顔が描けるイラストレーターを
テレビの情報番組で紹介していたのを見たことがあるが、もしかしたらその人の作品も大切に保管
していたら、後世、名画になるかもしれない。・・・で、息子の方のバベルの塔は自力で細部を鑑賞す
ると警備員に首根っこをつままれて追い出されるだろうから、そういう細部を鑑賞したければ、鳴門
にある大塚記念美術館に行けばいい。父親のバベルの塔を超至近距離で鑑賞することができる。
ただし、陶板に印刷されたレプリカだから、筆後のエッジが甘いから「描いた」緊張感は皆無だが。

IMG_0554.jpg IMG_0558.jpg IMG_0556.jpg IMG_0550.jpg
... 続きを読む
2017.08.02 時代の流れに流される人( Forever Young )
時代の流れというのは恐ろしいもので、2016年12月時点における15~69歳男女のスマホ所有率は
64.5%となり、所有人口は推計5583万人となりました、だそうな。(SEGA ゲームスタイル研究所調べ)
詳細を見てみると、若年層の保有率が高いのは理解できるが、われら50代でさえ、ほぼ半数が
スマホを所有しているのだそう。
身内との連絡にしか使わないガラケーを持って「そんなもの必要ないよー」と、スマホいらない派
だったワタクシも、旧車(NAロードスターのことね)電脳化計画を理由に、ついにiphoneを買った。
ipadを使っていたから、その便利さは十分理解していたが、いや、ほんと、楽しいおもちゃだわ。
ロードスターにはBluetooth対応の廉価なカーオーディオをつけた。
だから、音楽とNavi、電話通話はスマホを介して最新のカーエレクトロニクス。
いやはや、数年前は6連奏CDチェンジャーやら毎年更新しないといけない地図ソフトやら、
ハンズフリー機能やら、高額になるカーオーディオが、スマホのおかげで1万数千円で最新。
なーんも問題ない、ノープロブレム。

カメラ機能がまた良い。
巷ではコンパクトデジカメが風前のともしびになっているらしいが、それが納得できる。
画像サイズが3024×4032ピクセルもあるし、フェイク画像で雰囲気変えられるし、露出やその他
画像処理の基本もできるし(もちろんトリミングも)、動画もきれいに撮れるし、自分だけで楽しむなら
十分以上。超広角やマクロ撮影ができるクリップレンズも買っちゃったから、「ついに」ワタクシの
いつも持ち歩いているカバンから「カメラ」が消えた。(10年以上肌身離さず持ち歩いていたのに)

きゅうりを多量にいただいたので、動画で調理の仕方を教えてくれるレシピサイトを見ながら、数
種類の料理を作ったけれど、動画っていうのが良いねー、わかりやすい。超便利。

暇つぶしにどこでもいつでもニュースを読めるし、見られる。電車の中で老若男女がスマホにくぎ
付けになっている姿、外目には異様に見えるようで、実はそんなこと当の本人は気にしていない。
まあ、どんな人にも何かしらの利便性を感じる機械だからしょうがないよ・・・・罪と罰

スマホを使いこなしている人にとっては「当たり前じゃん、いまさら何を」って言われるけれど、
逆に例えば、おじさんたちは、不便や手間を知っているし、その大切さも知っているからこそ、
その便利さや面白さに心ときめくのだよって、胸を張って言いたいんです・・・・。
そう、竹原ピストルも歌っているじゃないか・・・・

くたびれた言葉で 新しい約束を交わし
萎れた声で 新しい歌をうたおう
満ち満ちた若葉はいつだって
色褪せた枯葉の上にひらくのさ
Forever Young あの頃の君にあって
Forever Young 今の君にないもの なんてないさ  ・・・・てさ。

005-2121.jpg

2017.07.29 街に名画を観に行く
IMG_0354.jpg IMG_0403.jpg IMG_0358.jpg IMG_0463.jpg IMG_0472.jpg IMG_0425.jpg
i Phone7+
2017.07.15 半年、14000キロ
「これ、なんていう車ですか?」と、コンビニの前で煙草を吸っていると、青年に声をかけられた。
彼は28歳、ちょうどワタクシが結婚した頃の年齢と同じだ。
「マツダのロードスターっと言って25年前に発売された車だよ、当時欲しかったけれど結婚したて
だったので買えなかったんだ。それが子供たちも独立したんで、勇気を出して買ったんだよ」
「へー、そうなんですか。実は僕も結婚したんで、ジープ売っちゃったんです。また乗りたいなー。
僕も子供が大きくなるまで我慢ですね。」
「そうだね、それまで子育てがんばってね」

DIYショップに階段手すりの材料を買いに行って、駐車スペースに停めると、目の前にいたワタクシと
同じ年齢のおじんがニコニコ微笑みながら近寄ってきて、「綺麗だねー、何年式?」と声をかけてきた。
「平成3年式です。」
「実はわしも持っているんだよ、リミテッドエディション、緑のヤツね。ずっと乗っているんだけれど
幌がね、破れちゃって交換したけれど、もう、オリジナルが手に入らなくなるのが怖くって予備で
もう一セット持ってるんだよ」
「へー、そうなんですか。ワタクシ車庫がないから不安です」
「わしも車庫がないんだよ。でも、この車は本当に楽しいよねー」

職場の同僚に、帰り際声をかけられた。「夏は幌開けられないでしょう、もう暑くって大変だよねー」
そう、彼もロードスター乗りなのだ。わかってらっしゃる。「そうですよねー、幌下してエアコン
ガンガンかけても、後ろのビニールからの陽ざしが暑くって大変です。」
体験した者にしかわからない「アルアル」。ちょっと嬉しい。

DSCF0278.jpg

2017.07.13 空き地(今はもう誰もいない)
007-64902.jpg 007-65302.jpg
PLAUBEL makina 67
2017.07.11 情緒と論理、または記憶と記録
NSphoto.jpg

二人の写真家の写真集をほぼ同時に手に入れた。
ひとりは、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980
年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。
かたや、1960年代より活躍した戦後日本を代表する写真家、中平卓馬(1938-2015)。制作と批評を両
輪とする当時センセーショナルを巻き起こした活動を展開し、途中、薬とアルコールで記憶を失うも、復
活した日本の現代写真に大きな影響を与えたひとり。

ふたりの作品を見比べると「情緒と論理」、「記憶と記録」。
ソール・ライターの作品はジャポニズム。大胆な構図は浮世絵に由来する。そこに、印象派から派生し
たナビ派のおしゃれさが加わり、使うレンズは中望遠。まさしく「絵画」的にニューヨークという都市を
大胆に切り取る。都市に住む人にこそ撮れる画像だ。構図といえば巨匠ブレッソンだが、彼の完璧な画
面構成は「一瞬」の凄みがあるが、この写真家は一呼吸おいたショット。凄みはないが情緒がある。
だから、どこかで見た情景の記憶として共感できる。そこが良い、フレンドリー。
ワタクシはこの絵画的な情緒感に惹かれてこの写真集を手に入れた。

中平卓馬の写真集は生前最後に訪ねた沖縄の作品集。中平は森山らと開発した「アレ・ブレ・ボケ」の
情緒感たっぷりの表現を自ら完全否定した。以降、その表現を封印し、深い被写界深度で「そのもの」
を標本するかのように画像を残した。「そうすべきである」という論理が先に来ている。視線の標本。
掲載されている画像は、中望遠のレンズで撮影された左下がりの情緒感ゼロの縦画画像。
「うん、沖縄で撮った写真だね」としか言いようのない、他者にとっては共感しづらい画像ばかり。
これもまた、写真。カッコいい。クール。
この写真家の残した視線を、ワタクシは「買うべきである」と思ってこの写真集を手にいれた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。