2015.05.04 モダンジャズのモダンな写真
去年に続いて「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」に行ってきた。
目的は、モダン・ジャズの名門レーベル、ブルーノートの名だたる名演を収録したジャケットを飾る
写真の原版が展示されている嶋臺(しまだい)ギャラリーに行くこと。そのジャケット写真を撮ったのは、
フランシス・ウルフというレーベルの共同経営者の一人だそうだ。そのほとんどがローライフレックス
という二眼レフカメラを使い、ライブ会場やレコーディングの時に撮影されたもの。
知っているジャケットデザインの原版写真を見つけると、少し興奮するね。楽しかった。

003-8862180.jpg

その写真を使ってジャケットデザインをしたのがグラフィックデザイナー、リード・マイルス。
単純な色面に配された文字とモノクロ写真の大胆なレイアウトは、今見ても斬新だ。
その大胆さは写真のトリミングにも通じていて、画面に綺麗に入っているモデルの頭をぶった切ることもしばしば。
フランシス・ウルフはせっかく撮った写真をぞんざいに扱われたのを嫌がって、たびたび愚痴を言っていたらしい。

会場の一部、土蔵にはオーディオルームをしつらえられ、これらのアナログレコードを聴かせてくれていた。
最近、車の中だけでしか、それもデジタルでしか音楽を聴かなくなってしまったアタクシの耳に入ってくる音。
巷の噂で「アナログの音は角が取れて耳触りが良い」なんて聞いたことがあるが、たまたまかかっていた
ウェイン・ショーターの【Adam's Apple】を聴いて納得。柔らかく、分厚く、温かい。こんなに良かったけ?
まあ、高級オーディオっぽいシステムのようなので、その力も大きいのだろうが、久しぶりのアナログ音に感動。

003-8862182.jpg

... 続きを読む
2013.03.29 世界の端っこ
DSCF2474.jpg
「I am Japanese -拝啓ティルマンス様- 」

ヴォルフガング・ティルマンスの表現様式をパクった作品。

ティルマンスの作品の傾向を要約するとこんな感じ。
最近流行の、写真の展示そのものをインスタレーション作品として見せるという手法は、
この作家がオリジナルで、写真は印画紙、インクジェット、雑誌などの印刷物が混在し、
プリントのサイズや額装の仕方、壁面への固定の方法なども変化に富んでいる。
一見するとテーマも表現方法も展示方法もすべてがバラバラなようだが、
それらを絶妙なバランスで配置されている。
最近は、世界各地を駆け巡り、グローバル化する市場経済、政治、近代化をめぐる問題と
密接に結びつけた作品で写真を通じて世界を見続け、その結果を発表したり、
暗室作業のみでプリントした抽象表現だったりと、興味の対象も多岐にわたっている。

DSCF2462.jpg

ネットや雑誌、インタビュー記事、展覧会の図録などでこの作家の情報を得つつ、
さて、自分はどうなんだよ?と、結構まじめに考えた。
まじめに考えたのは、今まで興味を持って撮ってきた対象はいったい何だったのか、ということ。
ティルマンスは世界各地を駆け巡っているけれど、私は地元を這い回っているだけだから、
写真は日本人なら見覚えのある対象物ばかり。見ている世界が狭い狭い。
当たり前なんだけど反グローバル化。
2013.03.26 終わっちゃったよ
NICHI001.jpg

グループ展 わしらは怪しいカメラマンVI 「日々是好日」 終了!
なんか、いつものように(笑)、ダラーっと始まってダラーっと終わったって感じ。
でも、まあ、怒って帰ってしまう人はいなかったから、良いか?
拙ブログを見て来たくださった方、たまたま検索エンジンにひっかかって来てくれた方、
職場の方達、友達親類関係の方々、写真好きの老若男女の方々・・・
この場をお借りして、来てくださったすべての皆様にお礼申し上げます。

私のは、今までこのブログで紹介してきた写真画像をプリントしてまとめた作品、
「Happy Lunch」「I am Japanese -拝啓ティルマンス様- 」「名もなき風景」という題名をつけた三点。
さて、作者の真意は如何に?・・・・・
... 続きを読む
2013.03.20 ディザ-広告
R8860565.jpg

グループ展 わしらは怪しいカメラマンVI 「日々是好日」 開催!
先ほど、7時間におよぶ搬入作業を終え、無事帰還。展覧会やっていて、この日が一番楽しい。
小さなギャラリーなのに、作品組み立てるのにどえりゃー時間がかかってしまった。
まあ、工作好きだから、苦にならないんだけれどね。

... 続きを読む
2013.01.23 ご無沙汰の展覧会
お久しぶりです。
2010年以来のご無沙汰です。
仲間内で「やろう、やろう」と言って、昨年の夏に決起集会までやったのに、
音頭取りがまったく動かず(私のこと)ダラダラと2年以上経ってしまいました。
えっ!何のことかわからないって?それは失礼しました。
グループ展のことです。
「わしらは怪しいカメラマン」の名前で、2005年から不定期で開催していた写真展。
やっと重い腰を上げたというか、第6回を開くべく、本日某ギャラリーに申し込みに行ってきました。
・・・・と同時に、サブタイトルも発表!

「日日是好日」

実は昨年の決起集会で、私の方から大々的にとあるお題をメンバーに発表していたのですが、
なんだかみんな気乗りしている様子もなく、それ系の写真を撮っている節もなく、
言った本人が全く取り組んでおらず、そこで勝手に予定変更。どうにでもとれるお題としてしまった。
まあ、いいや・・・・それぞれどうにか帳尻を合わせてくるでしょう。
さて、搬入まで2ヶ月、また、楽しい日々が続きそうだ。
... 続きを読む