2017.06.15 ひとこと言っておきたい
テロ等準備罪が深夜、可決された。
数の優位性を利用して強行採決するのは、多数決の論理の常套手段。政治の世界では、今までにも
数限りない法案が強行採決され、法律として運用されてきた。そして、私達は「ふーん、そうなの」と、
その法案に従ってこの国で生きてきた。このテロ等準備罪は様々な視点からの賛否両論。それも政治
家たち内側だけの議論で収まらず、議員以外の様々な職種、信条、思想を持つ人々がそれぞれに考え、
意見を述べられるほど突っ込みどころの多い、脆弱な、浅い考えの法案だ。賛否両論あるということは、
どのようにでも解釈できる法案だからだ。国会答弁をニュースの断片を見ていても、野党の質問に対し
ても、答えになっていない答え、いや相手を尊重しない意思疎通を欠く(というか能力のない)答え方で、
少し冷静に考えれば大人の会話じゃない。そんなあやふやな議論しかできない法案が、安保法案に続
いてワタシ達の未来を決定づけることとなった。ワタシクシは「これはいかがなものか」と思っている。

大事なのは「国」じゃなくて「民」だよね。政治家は我々「民」のために政治という仕事をしてほしいよね。
この法案が、一人の政治家が歴史に名を残すための思惑で動いている、という低俗なものではない、
と百歩譲って言わせてもらうと、今の政権は「民」じゃなくて「国」のために動いている
・・・・お国のために。
そう、我々「民」は、プライバシーや信条や思想を、お国のために捧げなければならなくなる
・・・かもしれない。ワタクシは「ふーん、そうなの。それでもいいですよ」・・・・とは思わない。

007-2239.jpg


2017.06.08 ホモサピエンスも困りもの
007-2268.jpg
Fuji FinePix X100

我々「ホモ・サピエンス」は「想像する」ことができるが、他の人類(たとえばネアンデルタール人)はそれが
できない、つまり、ホモ・サピエンスが他の人類に対し優位性を発揮できたのは、想像力のおかげであると
いう説。「認知革命」というそうです。先日、我々「ホモ・サピエンス」と他の動物との決定的な違いは何か、
ということを、おもしろおかしく解説してくれていた深夜のバラエティ番組で知ったことです。

だから、目の前で起こっている現実の世界だけでなく、主観的な世界(妄想でもある)、それも大勢の人が
共有する『共同主観的』な想像の世界にも暮らせるようになった。それが、伝説や神話、神々、宗教を生み
出し、それを共有する者なら誰もが柔軟に協働する能力を獲得した・・・・そうです。

番組を見ていた最初、「なるほどねー、そうだよねー芸術がそうだもんねー、やっぱホモ・サピエンスって
偉い!」なんて思っていたんだけれど、それが、それ以外のこと、例えば貨幣経済や国境、宗教対立なんて
いう、現代人が抱えている問題のすべてが、ほぼこの「想像力」があるがための問題でもある、ということが
解ってきて、いつのまにやらホモ・サピエンスはこの想像力による虚構に縛られた世界で生きてるんだなー、
となんだか空しくなってきた。空しくなったついでに、ニュースを賑わしている様々な政治的トピックを遠目に
見ていると、そのほとんどが、権力を手に入れた者の主観的妄想と、それに忖度して出世しようとする者や、
儲けようとする輩と、その反対勢力のごく私的な虚構世界に、我々が踊らされているような気がしてため息し
か出ない。いや、そんなことを言っている場合ではない。
今こそこの社会を、こんなくだらない妄想から現実世界に引き戻さなければ、とんでもない未来になってしま
うのではないか、と「想像力」を働かせなくてはならない、と想像してしまうわけです。