2017.08.07 バベルの塔
bryugeru001.jpg

ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel(Brueghel) de Oude [ˈpitər ˈbrøːɣəl],、
16世紀のブラバント公国(現在のオランダ)の画家。の「バベルの塔」、鑑賞。
画像のバベルの塔は東京~大阪と巡回しているピーテル・ブリューゲルの作品ではない。
ピーテル・ブリューゲルの父親のピーテル・ブリューゲルの作品。(ややこしいが、そういうこと)

息子のバベルの塔も、宣伝効果も功を奏して注目を浴びていますが、精細な描写とリアルな設定で
描かれた作品は、父親だって負けてはいない・・・というか、このころの画家はこれくらいの描写力は
あって当たり前。だからこそ、名画として歴史に残る。米粒に人物の顔が描けるイラストレーターを
テレビの情報番組で紹介していたのを見たことがあるが、もしかしたらその人の作品も大切に保管
していたら、後世、名画になるかもしれない。・・・で、息子の方のバベルの塔は自力で細部を鑑賞す
ると警備員に首根っこをつままれて追い出されるだろうから、そういう細部を鑑賞したければ、鳴門
にある大塚記念美術館に行けばいい。父親のバベルの塔を超至近距離で鑑賞することができる。
ただし、陶板に印刷されたレプリカだから、筆後のエッジが甘いから「描いた」緊張感は皆無だが。

IMG_0554.jpg IMG_0558.jpg IMG_0556.jpg IMG_0550.jpg
... 続きを読む