--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.09 天保山で壁採集
大阪・天保山にあるサントリーミュージアムで開かれていた展覧会
「インシデンタル・アフェアーズ」展を見た帰り、その周辺の壁を採集してきました。

この展覧会、結構楽しかったです。
それぞれの作家ごとに部屋が区切られていて、からくり屋敷みたいでした。
もっともこの展覧会らしい展示は田中功起の「everything is everything」という作品。
波止場を見下ろせる大きな部屋に、カラフルな日用雑貨が散乱している。
その部屋の所々にテレビモニターが置かれ、

『そこでは、床に置かれた日用品を使っての「瞬間芸」のようなパフォーマンスが、
騒々しい音とともに延々と繰り返されている。
モップを床にパタンと倒す。黄色いヘルメットめがけて、もう一つのヘルメットを投げつける。
プラスチックのコップを手で握りつぶしながら、並べていく。
いったいそれらには、どんな意味があるのか?
その無意味とも思える行為を眺めていると、私たちがそうした「物」を使ったり触ったりした際に感じる、
その物固有の存在感のようなものが立ち上がってくる。
プラスチックのヘルメットが床にぶつかって出す乾いた音。
階段を転げ落ちるポリバケツの軽やかな動き。
「あ、確かにそうそう」といった日常的な感覚が呼び起こされてくるのだ。』 展覧会ミニ講座より転載

確かに・・・
カラフルな日用雑貨が雑然と置かれた部屋にあるモニターの映像を見ながら、
思わずニヤニヤしてしまった。
・・・・で、その後の壁採集です。(関係ないけど)

EPSN9005.jpg EPSN9013.jpg EPSN8992.jpg EPSN9017.jpg
EPSON R-D1 with G Biogon28mm MSオプティカル改

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1040-002fe7a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。