2009.06.16 社長!あんたは偉い!
オリンパスのE-P1が正式に発表されました。
うーむ、素晴らしい!
宮崎あおいさんも言ってらっしゃいますが、
そのスペックを調べれば調べるほど「私のほしいものが全部詰まっていて感動」 しました。

まず、社長さんが「Penのフィロソフィー・・・」とおっしゃってましたが、
そのスペシャルサイトの冒頭の最後の一行が泣かせる。
「50年の時を経て、PENがデジタルに」「マイクロ一眼、誕生」・・・そして堂々と「OLYMPUS PEN」
まさしく、これは
「うちの会社はキャノンでもない、ニコンでもない、ましてやパナソニックでもない・・・オリンパスです」
と宣言したのです。アイデンティティの復活といっても良いでしょう。
その英断を下した社長は偉い!

さて、私が「ほしいものが全部詰まっていた」部分を紹介しましょう。
まず、フルメタルボディですよ。日本語に直せば「全部、金属」
こりゃ、嬉しいじゃないですか。
ま、真鍮メッキとまではいきませんでしたが、アルミ合金とステンレスを外装に使ったのは偉い!
それと、17mmの短焦点、それもパンケーキ!うーん、何とマニアック。
これは、将来に期待を抱かせます(大口径標準とか、広角短焦点とか・・・・)

そして、中身ですが技術的なことは、さっぱり興味がないので省くとして、
パナソニックG1で大層お世話になっている、
拡大してピントが合わせられる「マニュアルフォーカスアシスト」。
もう今や当たり前ですが、ボディ内手ぶれ補正とゴミ取り機能。
これは便利です。(特に旧いレンズも手ぶれが防げるというのはありがたい)
それにギミックな機能としてアスペクト比が変えられるし、(画面の縦横比のことね)
ちょっと興味を引く「アートモード」がついてるじゃないですか!

ビデオモードはどうだろう?
ハイビジョン動画が撮れるって書いてあるけれど、
Canon5Dの二代目で見せてくれたような綺麗な動画が撮れるんだろうか?
いやいや、それよりこの動画を「アートモード」でエフェクトできるのが想像力をかき立てるね。
お気楽にロードムービー風動画が撮れるかも・・・

本当に、欲しいモノがぎっしり詰まっています。
最後に、デザインですが、私が想像した稚拙な想像図より、
ずっと知的で現代的クールさを持ち合わせていました。
そして、大きさがほぼPen-Fと同じだって、皆さん知ってました?
自分の持っているPEN-Fの寸法を定規で測って、すこしクラッときたのは私だけでしょうか?

だから、私は予約します。
このカメラは、すべからく、手に入れなくてはならないカメラだと宣言します。



Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1078-d45d36fa