2009.07.08 リ・デザイン
pft199150001.jpg
OLYMPUS PEN-FT with F .Zuiko 38mm F1.8

フィアット・チンクチェント。かわいい車だ。
先代はルパン3世が「カリオストロの城」で乗っていた車。
映画「グランブルー」でも主人公が乗っていたような(間違っていたらゴメン)
先代のチンクチェントよりふくよかになったけれど、
そのデザインは他の車とは一線を画する個性を醸し出しています。

P1030827.jpg

車やカメラに限らず、工業製品を買うとき、私はそのデザインを優先します。
もちろんコストパフォーマンスを優先する方がスジが通っているし、真っ当な考え方でしょう。
でも、私は「デザインに金を払う」。
機能的に少し劣っていて、値段が高くても自分の気に入ったデザインなら、それに金を払う。
PEN E-P1のデザインはどうでしょう?
チンクチェントやBMWのミニと同じ考え方、リ・デザイン。
私はこの考え方好きですね。
だって、先代が売れた理由の一番はやっぱりデザインが良かったからでしょう。
もちろん、それを支える機能的裏付けがあったこそでしょうけれど・・・。
それをもう一度現代の手法で蘇らせる。
機能を追求していくと、どんどん個性がなくなっていくからね。
デジタル一眼レフなんて、社名のロゴがないと何処のメーカーかわからないでしょう?
それを考えると、E-P1のデザインは成功だと思うな。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1104-6d6941ac