2009.10.12 閉ざされた部屋
rd1EPSN8969.jpg
EPSON R-D1 with G Biogon28mm MSオプティカル改

昨日、NHKのETV特集「死刑囚 永山則夫~獄中28年間の対話~」を見た。
40年前の1969年、罪もない4人をピストルで射殺し、“連続射殺魔”として
19歳で逮捕された永山則夫が、1997年に死刑を執行されるまでの獄中での書簡による対話を、
当時関係した人々の証言を基に構成したドキュメンタリーであった。
私は、この人物を、獄中で小説を書いたベストセラー作家であることと、
裁判の死刑判決の基準として(永山基準)注目された裁判の被告人の名前であることぐらいしか
知らなかったけれど、この番組を見てグッグーっと興味を持ち始めた。
それは、一人の人間の生と死に対する心のブレが、獄中での28年間、
様々な人間との関わりで揺れ動く様に関心を抱いたということ。

殺人を犯し、東京地裁で死刑を言い渡され「死」だけを考えていた人間が、
哲学、経済学、心理学の専門書や小説を読むことで学ぶ喜びを知り、
知識を得ることで「生きること」や「社会」などと自分を結びつけることが実感できるようになり、
一人の女性を愛することで、「信じる」ことを知り、生きることの意味を考えるようになる。
そして、東京高裁での無期懲役の判決が出た後、生きる希望を見いだし「将来」を語るが、
最高裁で差し戻しを受け、死刑執行が確定。
その時、弁護人に彼は言う、「あなた達は私に、『生きろ』 と言ったじゃないか」

私は、この犯罪を容認するつもりはない。
しかし、貧困による劣悪な環境の中で、生きる意味を見出せなかった彼が、
独房という孤独で異常な場で、人として成長するために必要な
「教育」「支援」「愛情」「希望」「挫折」を学んでいったことにある種の感動を覚える。
つまり、たった2畳の独房の中で、彼は初めて「人」として生き、死んでいったという事実。
その心の葛藤は純粋で、ある意味美しい。
そんな彼の著作を読んでみたいと思う。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1182-651bc7cd