2009.10.29 マイクロフォーサーズはデジカメのおでん鍋やー!
田中長徳 PENの本 (インプレスムック DCM MOOK) を、
相変わらずの長徳節にちょっと辟易しながら、だらだらと読み終えて納得。
その長徳節の一節に「E-P1のシステムで幼稚園の遠足気分」というくだりがあった。
長徳さんはこの本を執筆するために、旅行に出かけるわけであるが、
E-P1をメインと考えると機材は最小限に抑えられるなー、というわけである。
なるほどねー、という事で葛城の道方面でやってみた(実質2時間ぐらいのブラブラ撮影だけれどね)
自分の持ち玉の中でのチョイスだから超変則。
広角28mmはGR-Dのワイドコンバージョン、標準はパンケーキ、中望遠にノクトン40mm、
望遠はpenの100mmをカバンに入れて出かけた。
付けられるレンズのメーカーが全部違う。
これで、若い頃の鬱憤が晴らせた。
昔、思ったものです、
「同じ一眼レフのカメラなのに、
どうして違うメーカーのレンズを取っ替え引っ替えつけられないんだよー」って・・・・。
それがE-P1を始め、パナソニックの二機種もこれができるわけですから、
マイクロフォーサーズは色んな具材を楽しめるおでん鍋やー、と思ったわけです。

g1P1040026.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1195-6c892505