2010.04.19 さよなら、愛しいカメラよ
EPSON R-D1とワケあって別れることにした。(たいしたワケじゃないけど)

たかだかデジカメではありますが、私にとっては思い出深いカメラでした。
清水の舞台から飛び降りる気持ちで手に入れ、レンジファインダーカメラの魅力を教えてくれたカメラ。
このブログを立ち上げるきっかけを作ってくれたカメラ。
孤高の存在「Leica」への入り口に誘ってくれたカメラ。

つきあい始めた頃、こんな言い訳をしている。

何が、そんなに良いの?って聞かれて答えないわけにいかないので、答えます。
○ コンパクトなボディでレンズが交換できる(色々な写真が撮れる)
○ レンズの種類が膨大にあって選ぶのが楽しい(安いのから高いのまで)
○ 「機械」としての精度が高い(使っていて気持ちがよい)
○ デジカメである(撮ったものがすぐ見られる)
○ かっこいい(お前にはこの気持ち、わかるまい。むふふふ)

あれから4年近くたって、私も変わった。
色々なカメラと出会い、付き合っていくうちに私の気持ちも心変わりしてしまった。
あなたが悪いのではない。私の浮気性を許してくれ。
勝手な言い分ではありますが ・・・・
それでもいつかどこかの街で会ったなら
肩をたたいて微笑み会おう ・・・・(どこかで聴いたフレーズ)

IMGP9056.jpg
rd1ermaEPSN9043.jpg rd1indasEPSN2442.jpg rd1ermaEPSN7243.jpg rd1ermaEPSN7286.jpg rd1sumicEPSN8350.jpg rd1EPSN6377.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1336-c03783f3