2010.05.11 ミラーレス戦国時代到来か?
SONYから、APS-Cサイズ相当(23.4×15.6mm)の撮像素子を持った
レンズ交換式デジタルカメラ「NEX-5」、「NEX-3」が発表されましたね。
これって、カメラおじさん達の間でも注目株。
画像素子の大きさがオリンパスのマイクロフォーサーズより大きく、尚かつミラーレス。
それにフランジバック(レンズ後端と画像素子の距離)が18mm。
つまり、各種古レンズがマイクロフォーサーズと同じく、アダプターさえ出そろえば、何でも付く。
これに反応しないカメラおじさんはいないでしょう?

例えばです、画像素子が大きければ大きいほど綺麗な写真が撮れる(・・・と言われている)
今まで、倍の焦点距離でしか撮影できなかったマイクロフォーサーズに比べて、
よりそのレンズ本来の焦点距離に近づいたことになる。
これはマイクロフォーサーズ陣営にとっては決定的にフリである。
オリンパスが立て続けにPenシリーズを発売したのも、このSONYのミラーレス登場の危機感の表れでしょう。

例えばです、オーソドックスなデザインで登場したPenシリーズやパナソニックGシリーズに比べ、
レンズの筒を強調したNEXシリーズのデザインは、SONYらしい斬新さに溢れています。
スペシャルサイトを見ていると、若い家族をモチーフに展開していて、広い購買層を狙っているのは明かです。
これは、女性関係をモチーフにしたマイクロフォーサーズ陣営にはない戦略です。

それに、実勢価格が案外安い。
これなら、チョット頑張れば夏のボーナスで買えるかもしれません。
(それも、家族のために、というまことしやかな理由付きで・・・)

さて、オリンパスよ、どうする?どう、迎え撃つ?
(パナソニックのGシリーズは余興みたいなもんだから、屁とも思っていないでしょう)
広角と望遠ズームを発売したけれど、こんなもんでSONYを迎撃できるわけはないですよ。
それとも、「世界のSONY」とケンカするつもりなんてないかな?
今、デジカメ業界は群雄割拠、形式や画像素子のサイズや機能がバラバラでどっちに向かっていくのか
暗中模索状態。食うか食われるかのこの状況に、Penフリークの私としましては、ちょっと心配。

ep1P5040178.jpg
PEN E-P1 with PENTAX AUTO110 25mm F2.8
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1352-5f5dc7e6