2010.08.29 羨ましいカフェ
pen38mmP8291013.jpg

知り合いの女性が、トンボ玉の個展を開いていたので行ってきた。
トンボ玉というのは、ビーズのでっかいヤツ。
ガラスを熱で溶かしながらアルミの棒に巻き付けていってカタチや模様を作る工芸品。
彼女はもう10年ぐらいこれに凝っていて、初めての一人での展覧会。
女性客が絶え間なく訪れ、大盛況。
正直な話、この間のわしらの写真展の暇さを鑑みるに羨ましい限り。

pen38mmP8291011.jpg

で、そのギャラリーは陶芸家の敷地内にあるギャラリー。
平日は陶芸家個人の作品を展示しているようで、そのとなりにある住宅の一階部分が土日限定のカフェ。
手作りの内外装はとても丁寧に作られていて見た目も居心地もとても良い。
器は作家本人の作品で、これまたユニークなカタチで眺めているだけでも楽しい。
家族で営んでいるらしく、客の出入りに接客係のお母さんがあたふたしていた。
画像に紹介しているのはカフェオレのかき氷(のようなもの)と桃のムース(たぶん)。
これまた、とても美味しい。
注文してからの待ち時間も長く、普段ならイライラするのに、不思議とゆっくりと待つ事ができた不思議。
これがこのカフェの魅力なのでしょう、和歌山の片田舎にもこんな良いカフェがあるのです。
そして、正直な話、羨ましい。
自分の力で居心地の良い空間を作り、自分の好みの器を使って料理や軽食を提供する喫茶店。
やってみたいなー。

pen38mmP8291020.jpg pen38mmP8291014.jpg pen38mmP8291023.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1453-193adc6b