2010.09.06 古いは新しい
frek35mmP9021031.jpg

父親が使っていたらしい8ミリムービーカメラを貰った。
私は父親がこのムービーを使っていた記憶はない。
想像するに、私が生まれた頃に買ったであろう8ミリムービーだから、
もう相当古く、使えるのかどうかわからない。
8ミリムービー、今のデジタルムービーから考えると、もう三世代前の動画記録装置。
フィルムを使って撮影し、現像に出し、映写機!で写す。私は、そこまでは知っている。
知っているけれど、使うとなるとまったく知らない領域なので調べてみると・・・
まず、手取り足取り、この使い方を解説してくれるサイトが見つからない。
それに、フィルムが購入でき、現像してもらえる業者は日本で1社しかないよう。
(さらに、このムービーのフィルムは暗室作業で出し入れしないといけないようだ)
これは、さすがに自分だけで解決するにはハードルが高い。
ハードルは高いが、わけ分からずにいじくってみるに、
金属のかたまりのような重量感と、単純な構造であるがための造形美、
そして、ゼンマイバネの力で内部のフィルムが回るあの ”ジー・・・”という音は、
使ったことのない身には、使いこなしてみたい衝動に駆られる。
知っている人にとっては古く、知らない人にとっては新しい。

frek35mmP9021028.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1455-7eda41e2