2011.01.03 2011年春・1人で勝手にカメラ談義改め写真談義
I  Washiayaさん、去年はあんまりカメラの話をしませんでしたね。
W そうですか?そういえば、DP-2を手に入れてから、カメラもレンズも買ってないなー
  前半はがんばったんだけれどね、でも、まー、春になったらアレが発売されますから、
  有頂天になりますよ、きっと・・・
I  アレってなんですか?
W アレってフジフィルムからでる高級コンパクトデジカメですよ。
I  アレはそそりますよね、おやじ達には・・・、
W 去年の「一人カメラ談義」にも、古い形のカメラを再解釈したスタイルのデジカメが出たら良いな、
  って言ってたでしょう?アレが具体的に動き出した。楽しみだなー。
  それよりね、今は写真です。写真に興味あるんです。
  年末、テレビのチャンネルを変えていると、コスプレ家族写真で2008年に
  木村伊兵衛写真賞を獲った浅田政志氏が出演されていました。
  豆まきをしている家族写真を1枚撮るのに、2時間もかけてあーでも、ないこーでもないと
  家族でだめ出ししながら撮影している場面でしたが、凄みがあったなー。
  付き合っている家族も家族ですが、そこまで自分の家族を引き込める写真家の人間性の凄さというか・・・。
I  そうですよねー。荒木経惟さんなんかも、見ず知らずの他人の懐にズバッと入っていける資質というか、
  精神が常人を越えてますモンネー、アレは特別な能力ですよ。
W わたしの好きな杉本博司さんはアメリカの古い映画館で1本の映画の上映中、ずーっとシャッターを
  開けっ放しで待ってるんですよ。これとて、そのやっていること自体がフツーの人の考えじゃないよね。
I  やっぱり、一流ともなると、それに至るまでの行為に凄みがあるから、出来上がった写真も凄いんですね。
W でね、この人達も含めて、ほとんどの写真家はフィルムカメラを使っているんですよね。
  その理由がはっきりわからない。私はあの丸い粒子感が良いなー、と思ってるだけで、
  それは雰囲気だけのこと。彼らがフィルムに拘るのはどうしてだろうと、
  最近ズーっと考えているのですが、よくわからない。やっぱりプリントするとなると、
  フィルムなのかなー、液晶画面で見てるだけじゃダメなんだろうか?
I  そうかも知れませんね。微妙なトーンはプリントでないと表現できないんでしょうね。
W そこは、これからの勉強かな?わたしができるのはデジタルプリントですが・・・。
  ところで、某サイトにOLYMPUS E-PL2 のリーク画像が投稿されていましたね。
  正面からの画像だけですが、アレ、ちょっとカッコイイね。
  E-PL1 のフォルムを全体的に丸めた感じでカワイイ。
I  買うんじゃないでしょうね?
W いやいや、E-PL1 はぶっさいくだなーと思っていたんでね。
I  ほんとですかー? E-P1もそろそろ買い換えたいと思っているんじゃないですかー?
W いや、そんなことないですよ。いや、そうでもないか?いや、わからない。いや、欲しいかも・・・。
I  ま、脈略のないお買い物は控えるようにして下さいね。
W ハイ、わかりました。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1532-e9c2e8c4