2011.03.19 オタガイサマ
pl50mmP3183420.jpg
寒さの中にも新たな息吹が芽吹いてきている PEN E-P1 with Carl ZEISS Planar 50mm F1.4 

世界中が被災者の方々の秩序だった行動を絶賛している。
自衛隊、消防、警察の方々も全国から集まって救援を続けてくれている。
そして、各国の救援隊が被災地で活躍してくれている。
原発事故ではボロボロになりながらも、社員の方々が死にものぐるいでがんばっている。
我々日本人は「我が国も捨てたモンじゃない」とみんな感じている。

今度は被災にあっていない我々が評価される番だ。
風評に流されて日用品の無駄な買い占めはしていないか?
正確な情報を得ようとしているか?
一部メディアの煽るような表現に惑わされていないか?

被災地から800キロ離れた私にできることは何だろうと、ずっと考えている。
義捐金の募金や救援物資の提供、でも、まだ身の丈にあった何かができるはず。
お互い様だ。
被災地で燃料が枯渇していれば、そうでない地域はできるだけ節約しよう。
コンビニでおにぎりを買わずに、自分の家で米を炊こう。
カップラーメンを買い占めるのはやめよう。
飲料水は水道水で我慢しよう。
隣同士、地域同士、日本人同士、国同士・・・・

オタガイサマ・・・良い言葉だと思う。
今こそ、この言葉を日本人の誇りとしよう。
そして、この言葉が似合う日本人になろう。


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1588-ec281051