2011.04.21 スナップの極意ミニ情報
suml35m32000008.jpg
Zeiss Ikon with Summilux-M 35mmF1.4

PHOTO GRAPHICA別冊『ホンマタカシ Diaries 2010~2011』をさっそく手に入れましたよ。
展覧会図録は単なる展覧会内容の紹介だから、イマイチだったけれど、
この本は雑誌メディアを利用した、「Diaries」という作品と捉えることができて見応えがあります。
内容の一部に氏が取り組んでいるワークショップを紹介していて、
そこにちょっとしたスナップのコツが記されています。
「決定的瞬間」の達人、アンリ・カルティエ=ブレッソンは、
その瞬間を捉えるために、ファインダーにずっと目をつけっぱなしで撮っていたそうです。
実際の映像が残っていて、ホンマさんがこのワークショップで紹介したようです。

そういえばね、つい2週間ほど前、花見客大勢の桜名所にスナップしにいったんですが、
(まだ、フィルムがカメラに入っている)
花見客ばかりとは言え、その人達にレンズを向けるのさえ気が引け、ウズウズしていたのですが、
ズーッとファインダーに目をつけながら歩いていると案外気持ちが落ち着いて、
近くにいる人にも平気でレンズを向けられるんです。
「こりゃ良いや」と数ショット、そのままの状態でシャッターを切ったのですが、
「ファインダー」という狭い視野で世間を見ていると、敷居の高いスナップもちょっと低くなるようです。
(まあ、ファインダーに目をつけて歩いている人、というのも、ちょっと変ですけれどね)

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1623-2597df53