2011.06.25 蟻の行進
DSC00561.jpg
SONY NEX-3 with Carl ZEISS ・MC FLEKTOGON 35mm F2.4 M42 ピクチャーエフェクト ハイキー
(次回のファームアップに期待を込めて、スクエアーフォーマット)
 

NEX-3のファームアップをしてみた。
基本性能は変わらないのは分かっていながら、なんか、すごーく得した気分。
「ピクチャーエフェクト」と言われるアートフィルターは11種類もあって気晴らしに使えるし、
「ピーキング機能」はピントが合っている部分の色が変わって、微妙なことを言わなければ、
液晶画面に映る画像を拡大しなくたって自分の思った場所にピントが合わせられる。
たいしたもんだ。
こんな風に機能を後付けのバージョンアップでナンデモ出来るんなら、
ユーザーとしてはありがたいことだけれど、タダで良いのか?
・・・というか、流行物のエフェクト機能もメーカーで様々だし、
アスペクト比なんかもファームアップで変えられそうだから、
そういうギミックデータはサードパーティに任せることができないのか?
それをユーザーがお金を払ってダウンロードし、自分の好みの設定にしていく。
携帯電話ばりにモデルサイクルが短くなってしまったデジカメ業界。
なんだか、短期間の開発スパンで、他メーカーとの差を一気につけられないから、
こんなことでお茶を濁しているように見えてならない。
それより、レンズ性能に心血を注ぐようにして、後はユーザーが自分の好みに仕上げられるようになれば
私達カメラフリークは、一台のカメラでもっと幸せになれると思うんですけれど・・・。

まあ、何の苦労もなく、誰でも簡単に自分のカメラをバージョンアップできているから
こんなコトを考えてしまうし、それに新製品の登場にウキウキする自分も確かにいるのです。
しかし、デジカメのインプレを生業にしているプロは大変だろうナー。
毎日のように登場するデジカメの微細な違いを文字で伝えなきゃいけないんだから。
ご苦労様です。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1664-7945d3bd