2011.07.15 うつけ者
ms50mmP7150095.jpg
PEN E-P1 Kern Arau Macro-Switar 50mm F1.8 L-mountadapter ライトトーン

彼はうつけ者か?
内閣支持、最低の12%=68%「退陣不明確に納得せず」時事世論調査という世評なぞどこ吹く風。
脱原発宣言。
それも、政府内での意見がまとまっているわけではないらしいので、相変わらずの独断専行。
もう、最後なんだから言いたいことは言っちゃっておこう、という魂胆か?
「やめろ!」と言われているのにやめない心の内はどこにあるのだろう。
いくら国の行方を手玉に取れる権力が魅力的であったとしてもです。
普通、これだけ嫌われると退場するでしょう?
それでも、しがみついている理由が常人には理解できない。

うつけ者とは、どういう人のコトを言うのか、というと、
うつけとはもともと、からっぽという意味であり、転じてぼんやりとした人物や暗愚な人物、
常識にはずれた人物をさす。うつけ者とも言う。字は「空」「虚」「躻」などと書く。
実際に暗愚な人物がうつけと呼ばれるというよりも、奇矯なふるまいなどにより「うつけ」と
呼ばれるだけで、実際には暗愚なわけではない場合も多い・・・・とWikipediaに書いてある。

別に彼の肩を持つ気はないのですが、すごく理想的なことを言っているような気もするんです。
それが、周りの人が「無理、無理」と足をひっぱているような気もするんです。
それに決定力とか指導力とか求心力とかの欠如を引き合いに出してやめさせようとしている。
現実が彼の理想主義を必要としていないのかも知れない。
それが、現代日本が置かれている状況であるのなら、残念ながら、彼はうつけ者です。
しかし、歴史上、うつけ者と呼ばれた人物には、案外凄い人がいるんだよねー。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1682-4313fcc3