2011.12.04 氷見で出会った人
R5128463.jpg
GR digital Ⅳ ブリーチバイパス

氷見の港を、写真を撮りながらブラブラしていると、おもしろい外観のカフェを見つけた。
銅葺きの壁面が赤茶色に錆びて風情のある土蔵を改装したカフェで、休憩でもしようと思ったのに生憎お休み。
窓の中を覗いていると、「すみません、今日は壁、直してるもんで休みなんです」と男性に声をかけられた。
よく見ると雑然とした店内。入り口に日比野克彦ワークショップなる看板があるのを発見。
「日比野さん、来られたんですか?」と訊くと、「ええ、ワークショップやってもらったんですよ。
よかったら見ていって下さい」と奥にある小さなギャラリーを案内してくれた。
見ながら話を訊いてみると、このカフェは地元のアートNPO活動の拠点となっているようで、
ギャラリーにあった割り箸で作った伝馬船風のオブジェはアーティスト日比野克彦氏を招聘して
地元の小学生達と共同で作ったそう。
男性はこのNPOの世話人の方のようで、その活動内容の一端を紹介してくれたけれど、こういう
地道なアート活動、先日和歌山でも行われたアートイベントにしても、そういう世界があるモノなんだなー、
と思うのと同時に、日本有数のアーティストも、地方のアート活動に協力しているんだなー、と感心した。

R5128391.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1786-a6676896