--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.30 人類は進化するのか?
先週の日曜日から始まったNHKスペシャル「ヒューマン・なぜ人間になれたのか」という番組を
興味深く見ている。全4回で放送される「人間を人間たらしめていているものは何か」という、
私たちの誰もが内に秘めている“人間らしさ”の起源を20万年という人類史のなかに探るシリーズ。(HPより転載)
アフリカ大陸内部で誕生した人類。5万年を有して南極大陸を除く地球全土に
生息出来るようになった要因を紐解く2回目の放送を見ていて興味を持ったこと二つ。

一つめの興味は、投擲具(とうてきぐ)という飛び道具が、人類を繁栄させるに至る最初の道具であるということ。

人類は他の霊長類と較べると圧倒的に多産で、人口増加により、生息範囲を広げていくしかなかったため
アフリカを離れ、(グレートジャーニーと言うらしい)一部は北に向かう。北の大地、ヨーロッパ大陸には、
同じ大きさの脳を持つネアンデルタール人が生息し、二つの種は紅海近くでぶつかる。
屈強な体を持ち、狩りの名手だったこのライバルとの生存競争に、私達祖先の
身体的に圧倒的不利な状況を優位に導いたのが投擲具。
離れた位置から獲物を倒すこの技術が、狩猟方法を革新し、ネアンデルタール人を駆逐していく。
槍のおしりに穴を開け、そこに引っかけをつけた治具を使って遠心力で遠くに槍を飛ばす、
ちょっとしたアイデア。ネアンデルタール人は、なぜこの道具を使えなかったのだろう?
自分達は発明できなくとも、人類と接触しているのだから、流用することはできただろうに・・・。
そしてこの飛び道具は、獲物を得るだけの道具だけではなく、集団のルールを守るための道具としても活用した。
そう、ルールを守れない人間に、痛みを伴う「罰」として利用したのだ。
普通、人間の集団を維持出来るのは150人ぐらいだそう。
それをもっと大きな集団として維持出来るための「力」が、この「飛び道具」。
これが人類史上、延々と続く暴力の連鎖に繋がる。(なんという宿命だろう)

もう一つ興味を引いたのが、「罰」に対しての人間の本能。
人間は暴力シーンの映像だけを見せると脳の中で「不快」に感じるセンサーが働くが、
その暴力が「もっともな理由」であると理解されていると「快感」のセンサーが働くという。
そのもっともな理由が、人類に本能として備わっている「仲間を大切に思う心」にあったのだ。(なんという皮肉)

「痛みを伴う力」による抑止力
この「飛び道具」を必要としない道具を、人類は将来、獲得するのだろうか?
それを獲得出来ることが「進化」なのかも知れないな。

そういえば、番組内にヒントがあったかも・・・それは、「人の眼」
会社内の休憩所に置いてある珈琲メーカー。1杯の珈琲を飲むのに50円必要なのに、
料金を支払わない社員が多かったのが、目に付くところに貼ってあったチラシの写真を
花の写真から人物の両眼を写した写真に替えただけで、飛躍的に改善されたそうな。

DSC00825.jpg
SONY NEX-3 with Kern Arau Macro-Switar 50mm F1.8 L-mountadapter
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1817-31f1949b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。