2012.05.10 新緑の美しさをモノクロで表すのは・・・
新緑の美しさをモノクロで表すのは無謀な行為か、はたまた愚行か?
・・・という話になってね、わたしゃ思わず言ってしまったね。「そりゃ、意味ないね」と・・・。
いや、すまなんだ、今イメージしてみると「そうでもない」かも・・・。
「新緑の美しさ」であるわけですから、「新緑の色」を出さんことにはどうにもならん、とつい思ってしまった。
思ってしまったけれど、「そうでもない」と思いつつ、そうそう簡単にはいかんだろうというのが今の私の見解。
だいいちデジタルのカラーで撮ったとしても、自然に見える新緑の色再現は困難を極めるだろう。
もう一度書くけれど、なんせ「美しさ」であるから、その日の天候だの、ホワイトバランスだの、露出補正だの、
もしかしたらフィルターなどを駆使して挑まないと「美しさ」は再現されないだろう。

それでは、モノクロで「美しさ」を表現できるだろうか?
モノクロで「新緑らしさ」を出そうとすると、思い出されるのが赤外線フィルター。

sakurei6mini[1]
http://www.ii-tripod.com/ir/ir-filter.htmlより転載

しかし、上の作例でもわかるように、このフィルターを使うと「新緑」と、
「積雪」の中間ぐらいで現実感がないな。(却下)
モノクロ用のコントラスト調整フィルター(黄色とか赤のフィルター)を使うか?
樹種によって葉っぱの色も違うから、その違いを正確な階調として映し出せるかどうかが勝負だな。
うーむ、記事を書いていて行き詰まってしまった。
トライ&エラーで、実験しながら自分のイメージに近づけるしか道はなさそうだな。
・・・・ということは、「新緑の美しさ」は一筋縄ではいかないと言うことです。ハイ

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1901-a294ed72