2012.05.16 ゼラチンシルバープリントはいずこへ・・・・
DSCF0016.jpg
FinePix X100

ライカが白黒(モノクロ)専用のM型デジタルを発表し、買った人には、このカメラで撮った
白黒デジタル写真を、デジタルプリントではなく、銀塩写真にしてくれる有料サービスを盛り込むらしい
情報を読んで「ふーん」と不思議に思ったのと、今月号の美術手帖に今までデジタル出力で作品を制作していた
写真作家が、一転銀塩作品を発表し、その個展の批評欄に「薄っぺらいデジタル画像のあやふやな現実感・・・・」
というようなことを書いてあったのを思いだしました。

美術館に展示している「白黒(モノクロ)写真」を鑑賞していると、横にあるキャプションの技法の欄に
「ゼラチン・シルバープリント」ってよく書いてあります。最初、どんな技法なのかなー、と不思議に
思っていたのですが、解説文なんかを読んでみると、日本語で「銀塩写真」と呼ばれているものです。
今も多くの写真作家が拘って制作しているし、この技法の職人さん、プリンターなどという職業もある。
20世紀後半、つまりデジタル画像が出現するちょっと前、この写真技法の白黒(モノクロ)のクオリティーが
頂点を極めた時代だったらしく、多くの写真家がそのプリントワークに情熱を注ぎ込み、
また、プリンターの力を借りて、名作と言われる多くの作品を残しています。

この写真作家は今回の自作についてこのようにコメントしています・・・
光に反応した銀粒子の残骸を集めて会場に並べるというイメージから逃れられなかった。
画面の中味はどうでもよくなっていた。ここにあるのは崩壊した光の残骸である。
あるいはイメージをつかみ損ねた自分のみじめな軌跡かもしれない。
しかしいずれにしろ、最もシンプルな写真行為があることは確かだ。今はそれで十分な気がしている・・・・

昔、当たり前のように「銀塩写真」だった写真が、どんどん遠くへ行ってしまっているな、と思った今日この頃。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1904-1e2aeea1