2012.05.27 肩すかしをくらう
IMGP4321.jpg
Pentax 645D with FA645 55-110mmF5.6 EV-1.0
JPEG無加工 画面右上の水に濡れた岩肌、中判らしい精細感が出ていてなんか良いんじゃないの?

645D、最終日
今日はカメラを返却する日、朝から気合いを入れて645Dを使ってみた。
このカメラで撮ってみたかったのが、「滝」
正直言うと日本画家、千住博の「ウォーターフォール」みたいなのを撮りたくって
日帰りで行ける滝スポットをリサーチし、友達誘って結構な山奥まで行ったのに
最近雨が降っていないせいか、迫力に欠け、肩すかしをくらってしまった。
それに、三脚を据え、スローシャッターを切るも、帰って原寸大の画像を
見てみると、お話しにならないほどブレていた。
原因は気合いを入れていた割りには手抜き工事「指でシャッターを押した」からだが、
手ぶれ補正なぞ付いていないからブレるのはあたりまえだよね。
そんなことで、千住博になれず、主旨替えしてモノクロ設定で「ブレないように」
安全策のカットも何枚か撮ったけれど、「さすが中判」の片鱗を感じさせるショットも
何カットか撮ることができた。
IMGP4331.jpg
アンダー過ぎたので、帰宅後フォトショップで明度とコントラストを高めているが、この泡の透明感良いね。

やっぱり安直に使うと、言うことを聴いてくれないね。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1917-47b56d98