2012.06.04 機械は何もしてくれない
久しぶりにハーフサイズカメラを手に入れた。
「ペトリハーフ」というフィルムカメラだ。
熱が冷めてしまってから久しいが、このカメラはマイブーム当時から欲しかったカメラ。
今となっては、使うことを考えて手に入れたわけでもなく、純粋に欲しかっただけだ。

P6010080.jpg
1960年代、あまたきら星の如く登場したハーフサイズカメラの中で、
このカメラは、異端児と言っても良いほど奇をてらったデザインだ。
その特徴はふたつある。
ひとつは、ファインダーの前面のガラスは緑色に染められていることだ。
どうしてなんだか、よく分からないが、撮影者は緑に染まった風景を見ることになる。
これは、白黒テレビの画面の前に、上が青、下が赤のフィルターをかけて「カラーテレビ」化させた
今や伝説となった商品と同じ効果を狙い、写真は白黒でも、カラー写真のイメージを、
せめて撮る瞬間に味わってもらおうとした、カラー映像黎明期の安直アイテムなのか?
ふたつめはこれこそ珍品アイテム、レンズ下部にあるナイフの形をしたフィルム巻上げレバー。
「トリガーワインダー」と言う、フィルムM型ライカにもオプションとして商品化され、
フィルムを素早く巻き上げるためのレバーだ。
カメラを持つ左手の人指し指で、このレバーの先を引くとフィルムを巻き上げられ、
右手の親指を使って巻き上げる普通のレバーより早く巻き上げられる(らしい)

使えるのかどうかを確かめるために、24枚撮りのフィルムを入れた。
ファインダーの緑色は、覗くとなんだか黄色っぽく、色調整が壊れたブラウン管テレビを見ているようだ。
トリガーワインダーは、確かにフィルムを巻き上げるのに便利で、使い心地が良い。
被写体との距離を自分の目で決め、レンズの目盛りを自分で合わせる。
シャッタースピードと露出の関係は経験で決めるか、別に露出計が必要で、
関係を決めたら二つの目盛りを自分で合わせる。
機械は何もしてくれない。

最近のコンパクトデジカメは高機能で高画質。
誰が使ってもある程度(というか、かなり)失敗なしに綺麗な写真が撮れる。
それはとても素晴らしいことで、私もカメラ好きの端くれとして、その魅力を堪能している。
しかしその反面、操作の簡略化は、個性のない同じ外郭になってしまったと言わざるを得ない。
古いカメラは個性的ではあるが、それにともなって知識や経験が使う者に要求する。
人がそれぞれの部品を的確に操作しないと成り立たない機械なのだ。
それが今と違って魅力的なデザインに仕立てられる要因であるし、欲しい理由でもある。
56650006.jpg56650017.jpg
56650039.jpg56650044.jpg

フィルムが上がってきたので紹介するが、私の持っている他のハーフサイズカメラと較べても
取り立てて特徴らしきモノは見あたらないし、まあ、そんなもんだ。
それよりレンズに汚れがこびりついているせいか、明るい部分が滲んだようになってしまっている。
磨けば綺麗になりそうだから、行きつけの修理屋さんに持っていこうかしらん。
こんな事を軽く書けるのも機械式カメラの魅力でもある。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1918-e00d4af2