2012.06.16 高架下の匂い
R5129597.jpg
GR digital Ⅳ ブリーチバイパス

神戸元町高架下商店街をブラブラしてきた。去年の10月に来てから久しぶりだ。
再びかいつまんで紹介しておくと、ここはJR元町駅から西、JR神戸駅にかけての、約1キロの高架下商店街。
元町駅側から高架1、モトコー2番街~モトコー7番街とブロックごとに名前がついている。
元町駅に近いブロックは人通りも多く、アンティーク腕時計専門店やコンバース専門店、
イギリス、アメリカのトラディショナルなインポートショップなど、日常ではお目にかかれない
モノを見ながらブラブラするだけでもおもしろい。
しかし、番号が大きくなるにつれ寂れ、最後の7番街は、ほとんどの店舗はシャッターが閉められている。
ポツポツ開いている店も、今や過去の遺物と化したワープロやビデオデッキを山積みした店、
絶対誰も買わないだろう週刊誌の古本を平積みしただけの店、ガラクタを置いているとしか思えない骨董品屋・・・・・
どの店も笑っちゃうほど店としての体裁が整っていない。まるで戦後の闇市にタイムスリップしたみたいだ。
つまり、逆に言うと番号の大きいブロックの方が昭和の匂いを残している、とも言える。

雨の降りしきるこの日、コンクリートと黴の匂いが入り交じった高架下特有の匂いが、
湿気のせいで5割り増しの、そんな路地をブラブラ写真を撮りながら歩いていると、
使い古された廃品同然の電化製品を置いている店先のガラスケースの商品の中に、
興味を引くカメラを見つけた・・・・

R5129573.jpg R5129590.jpg R5129596.jpg R5129600.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1925-b0c4dbf8