2012.07.22 とある現在地
DSCF0342.jpg
FinePix X100

何の変哲もないどこにでもある地区の住宅地図看板。
さて、この地図「情報」が拙ブログをご覧いただいている方々の何人に
「どこどこの住宅地図ですね」と答えて頂けるだろうか?それはきっと皆無に等しいだろう。
看板全体を撮影していれば、そこにあるすべての情報の中から有効な情報を検索すれば、
不特定他者だれもがこの場所を特定できるはずだ。
それを私は故意に情報の一部をフレーミングで省いた。
すると、本来のパブリックな情報である「特定された現在地」ではなく
私個人しか知り得ないパーソナルな情報の「とある現在地」となった。

最近の社会的な問題を色々なメディアが情報として流しているが、その情報の大半が
個人が切り取った「とある情報」のオンパレードのような気がしてならない。
それは受け取る側の私は、ただフラフラとそれらに振り回され、確固たる意見も持ち得ず、
ただ唖然と「現在地」に立ちつくすだけだ。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/1951-cf9feebb