2013.01.06 密教美術を見に行く
DSCF6179.jpg
FUJI X-E1 with COSINA Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mmF2.5 C-type

新しいカメラ、XE-1に慣れる試写がてら、ひとり高野山に行ってきた、寒かったよー。

高野山には、霊宝館っていう空海(真言密教)ゆかりの美術作品が展示されている美術館がある。
名前が妙に怪しかったから今まで入ったことなかったけれど、寒さしのぎに入ってみたものの、
入場券を買うとき、パンフレットと一緒に使い捨てカイロを渡されたのも合点がいく。
大正時代に建てられた建物は木造で空調設備などなく、日差しもないから寒いこと寒いこと・・・。
寒さのあまり、お経を唱えるように「寒い寒い・・・」と心の中でつぶやきながらの見学となりました。
鎌倉時代は力強く、平安時代は繊細なお顔立ちの仏像が良いね。
重要文化財に指定されている仏師、運慶・快慶の作品もあった。
二人の作品はさすがに異彩を放っていた。ミケランジェロのようなルネサンス彫刻を彷彿させる造形だ。
特に、最近、快慶作と判明した作品・深沙大将立像(重要文化財)はドクロを繋いだのネックレス、
へそ付近には人面、象をかたどった膝当てが施してあって、アニメに出てくるの軍神みたいだ。

kaikei001.jpg
霊宝館HPより転載

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2045-db35da4e