2013.06.17 私の鉄板レンズ
002-6160138.jpg 002-6160132.jpg 002-6160121.jpg 002-6160112.jpg
PEN E-P1 with Carl ZEISS Planar 50mm F1.4

つまみ食い的に色んなメーカーのレンズを持っていますが、撮ってきた画像をパソコンの画面で見ていて、
別にたいして力を入れて撮ったわけでもないのに「お!イイじゃない」と密かに満足するのが、
私の場合、Carl ZEISS プラナーという名前のレンズで撮った画像です。例えば、ハッセルブラッドの
標準レンズ、CF Planer80mm F2.8 。これしか使ったことないけど・・・ですが、仕上がってきた画像を
見ていると「自己満足率」が非常に高い。それに、今日貼り付けた花の画像も、昨日それほど気乗りもせずに
行った植物園に咲いていた花を、コンタックス用のプラナーをEP-1につけて撮ったのですが、まあ、何の意図も
なくシャッターを押したって風なのに、帰って見てみると「綺麗だなー」と思ったりして・・・・。
後ろボケ(ピントの合っている場所より後ろのボケ)の点光源の形、満月手前の「14番目の月」みたいな、
左半分の輪郭がはっきりしていて、右上の輪郭がぼけている風情がたまらなく良いなーと思うし、
絞りを少し絞って露出アンダーで撮ると、濃いめの色で繊細に細部を描写してくれるし、解放の露出オーバーで
撮ると、優しいイメージを演出してくれるしと、使いごたえのあるレンズだなー、と改めて感じています。
そんなことで、このレンズは、私の「鉄板レンズである」と思うわけです。
しかし、残念なことにハッセル用のプラナーはハッセルでしか使えないし、コンタックス用はアダプターを
介してEP-1で使っていますが、望遠風になってしまう。
やっぱり標準レンズとして撮りたいよな-、と思うのですが・・・また、XE1用のアダプターを買おうかな?
もう、すでに我が機材はアダプターだらけだけどね。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2123-b28a12de