2013.08.19 本の値段
Yahooのトピックス記事の「出版物に再販制度は必要か」を読んだ。
アマゾンが学生向けに提供している10%のポイント還元システムに対して、出版社の業界団体である
日本出版社協議会は、これが実質的な「値引き」にあたるとして中止するよう呼びかけたそうな。
この文面だけ読むと、「学生対象なんだし、そんなに目くじらたてなくてもね-」と思うのですが、
業界団体としてはまずいことになりかねない事柄なのでしょうか?
「出版物の再販制度」なんて事柄は日頃考えたこともなくいけれど、改めて考えてみると、
本が定価買いしかできないっていうのはなんか少し特殊なような気がするな-。
再販制度っていうのは、メーカー側が消費者に対する最終的な販売価格を決めることができるという
制度だそうで、書籍、雑誌、新聞、CDなどのコンテンツ商品がその対象なんだそうです。
まあ、業界側の言い分は、文化的な商品であり、安値販売が実施されると、大量に売れる物しか
流通しなくなってしまい、地方の書店では品揃えが貧弱になってしまう、多様な製品が製造されなくなる、
などの弊害が出てくるということですが、どうなんでしょうね。

それにしても個人商店の本屋さんが少なくなりましたね。(というか、激減)
昔のことを言うのも何なんですが、昔は、個人経営の本屋さんを「はしご」したものです。
どういうことかというと、それぞれの本屋さんには得意分野があって、その得意分野の新刊本を
物色しにいくのが楽しみでした。そういえば、思い出に残っているのが本の雑誌社の「本の雑誌」。
今はメジャーになりましたが、まだ、出版社としては新参者で、この雑誌が季刊だったか、
隔月刊だったころ、いつものように商店街の本屋をはしごしているときにたまたま見つけたときは
嬉しかったな-。本棚を見渡してみると、その本屋さん、我が地方唯一の大型書店にもなかった
本の雑誌社の新刊本を何冊か仕入れていてその場所が輝いて見えたな-。

今は、そうですねー。
手に入れる方法は、アマゾンが6割、あと3割が大阪のジュンク堂や、イオンモールなんかの
大型書店。気持ちが高ぶれば、京都まで出向いて恵文社やガケ書房。地元の本屋さんに行くことは
ほとんどなくなってしまった。消費者として、お気に入りの本を見つける楽しみは変わっていないけれど、
「本屋のはしご」の楽しみがなくなってしまいましたね。出版業界さんも、既得権を守ることばかり
考えないで、昔はどこの街にもあった「町の本屋さん」が再生されるようなこと考えて欲しいな-。

それにしても、本って結構値上がりしてません?
ジュンク堂なんかで、いい気になって読みたい本を集めると4冊ぐらいで万札いっちゃうもんね。
ワタクシの場合、ボーダーは万札です。だから、あと2冊ほど欲しくても躊躇しちゃって4冊で我慢しちゃう。
そして、その時買わずにいると、いつの間にか忘れちゃうんだよね。これがもう少し安くなると、
躊躇せず買えるんだけどね。案外、この定価買いが足かせになって本が売れないのかもね。

002-5459.jpg
FUJI X-E1 with Summilux-M 35mm F1.4
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2143-61a1a15f