2013.11.27 元祖・レトロタウン
DSCF0116.jpg

もう40年も前、夏休みの前半にアルバイトで貯めた小遣いを全部つぎ込んで、
廃れていく蒸気機関車を求めて友達二人と旅した初めての地が北九州だった。
門司港駅はその頃さえ、山陽本線が本州と九州の間の海峡を海底トンネルで
つながっていたので、本州と九州のハブとしては、すでにもう取り残された感のある駅だった。
いつごろからだろうか?
この駅周辺が「レトロ」ブームに乗って観光地として一躍全国レベルにのし上がったのは・・・・。
港周辺は整備され、古い洋館がテーマパークのようにお行儀よく立ち並び、ご当地土産や
食材を使ったレストラン、流行のB級グルメの「焼きカレー」の幟が立てられ、ポスターが
ショーウインドウに張られ、ピンクの観光船が行きかい、観光客でにぎわう港。門司港レトロ
でも、本当のレトロを味わいたければ、少し港を離れればいい。そこにはほんの少しだけ
現役の「昭和レトロ」が残っていた。私はそんな街の古本屋で、古い展覧会の図録を一冊だけ買った。

DSCF0134.jpg DSCF0129.jpg DSCF0127.jpg DSCF0191.jpg DSCF0219.jpg DSCF0202.jpg
FinePix X100

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2176-7e03846a