2013.12.12 ありがと
晩御飯を食べて、パソコンの前に座ってYAHOOのトップページを開き、何とはなしに「映像トピックス」の
「世界の映画監督が1位に選んだ日本映画」というのをクリックすると、「今なお映画界に影響を与え続ける
小津安二郎監督。生誕110年、没後50年となる2013年12月12日、世界の映画監督が「最も優れた映画」1位に
選んだ名作「東京物語」を無料配信。」・・・・・先ほど見終わりました・・・・・

恥ずかしながら、初めて全編通してみました。
名作とは知りつつ、世界に誇れる映画だとは知りつつ、
一度も真面目に見たことがなかったのが恥ずかしい。
ストーリーは知っている、出演している俳優も知っている、
だからか、断片でしか見たことがなかったのが、恥ずかしい。
あのね・・・・
主人公でもある笠智衆の演技に感動しますよ。
妻役の東山千栄子さんの「ありがと」にジーンときますよ
家の中のシーンがすべて座っている人の目線になっていることに気づいて「ウーン」とうなりますよ
ゆっくりとした時間の流れで生きている人の、心のおおらかさに敬服しますよ
人生とはこういうものかと考えさせられますよ
・・・・「ありがと」・・・・
広島なまりの「が」にアクセントがくるこの一言が、この映画のすべてを語っています。
今更ながらですが、良い映画です。本当に・・・・
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2188-995d8b63