2014.02.06 恥ずかしい事々
今週明け、風邪がひどいので、病院に行くと「インフルエンザです」というトホホな結果・・・・
職場どころか外出もできず、だらだらと昼間のワイドショー番組を見るばかり。

一昨年だか、一躍脚光を浴び、話題になった楽曲がクラシック部門で破格の売り上げを記録した
という、聴力を失った作曲家が嘘をついていたと、協力者の作曲者がカミングアウト。
聴力を失った作曲家は、足元をすくわれ、「音」が聞こえないという決定的なハンデを
背負いながらも音楽と真摯に向き合い、人々を感動させる楽曲を創造する孤高の
アーティスト、というイメージから「芸術を冒とくしたペテン師」に貶められてしまった。
まんまとこのペテン師にはめられたマスコミ、そしてその話題につられてCDを買った人、
コンサートに行った人、そしてマスコミを信じていた人、怒ってるよね。だまされたって。
まあまあ、そんなに目くじら立てて怒りなさんな・・・・。
どっちかというと、どちらにしても恥ずかしい事なんだから。

NHKは恥ずかしいよねー。このペテン師のドキュメンタリー作っちゃったんだから・・・。
私も見たけれど、「音が聞こえないのに凄い人だなー」と興味をひく内容だったもの。
だから、話題の楽曲だからCDを買った、コンサートに行ったとか、すごいアーティストだから
曲もすごくいいよねって感覚でこのペテン師に投資したなら、そっちも結構恥ずかしいよね。

話題の人の曲、ってだけでその音楽、買う?・・・・・買わない。
曲の良さわからないけれど、話題に人だからって、CD買う?・・・・・・買わない。
自分が気に入った曲なら、作曲者が誰だってかまわないよね。
作曲者だという人物が嘘をついていようが、ゴーストライターだろうが、
演奏が、歌声が、よけりゃ何の問題もないよね。だって、私はその曲が好きなんだから。
だからさ、過去の贋作でもない、新しく創造された「交響曲第1番 HIROSHIMA 」と言う
名称で登場した楽曲は、それはもう「交響曲第1番 HIROSHIMA 」だし、それを聴いて
感銘を受けた人は、その人の中では「交響曲第1番 HIROSHIMA 」なんだよ。
だから、何の問題もない。
逆に、この曲を「恥知らずのダメ交響曲」というレッテルを貼って、闇に葬る権利が
誰にあるのでしょう? それこそ「芸術に対する冒とく」ではないでしょうかね。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2203-374de373