2014.02.14 白い色
1002-0420.jpg
Fuji FinePix X100

今年2回目の雪が積もった。
和歌山の北部で、ここまで積もるのは5年ぶりらしい。
これもなかなか珍しい事ですが、久しぶりに「撮っておこう」と思ったのが、
白いアルファロメオ・ジュリエッタと、雪。
別々に見ていると、どちらも「白」で、「ああ、白ね」で終わってしまうのが、隣り合わせて見ると、
雪が「白」なら、アルファロメオ・ジュリエッタは「白」じゃなく「水色」だった、という話。
家へ帰って現像してみるも、その時のハッとした印象を表現するのはなかなか難しい。
現像後、フォトショップを使って雪の部分の彩度を落とし、どうにか体裁を整えたが、
その時の新鮮さまでお伝えする画像には至らなかった。
久しぶりに気になる被写体にレンズを向けたけれど、安直に「カラー」というけれど、
当たり前に「カラー」の画像を見ているけれど、その色が、人の眼球で見た「色」には
ほど遠いということを肝に銘じた次第です。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2204-fcc78d22