2014.03.25 試写
002-0638.jpg

昨日は部屋の中でしか触れなかった【 フジノン XF35mmF1.4 R 】、今日はちょこっと外に連れ出した。
あっけなく撮れてしまう(当たり前)
外でもあの「ギュグ」というピントを合わす時の機械音が気になるっちゃー、気になる。
貧乏性の私は、音とともに、消費される電力も気になる。
フォーカス速度(ピントを合わそうとする速度)は、巷の噂ではあまり芳しくないようだが、
手動で合わせるのに比べるとはるかに速い(私の場合)
しかし、すべてにおいて自分の思い通りの場所にピントが合っているかと言えば、そうでもない。
5m程度離れた被写体に向けると、ターゲットが小さいせいか、背景のゴチャゴチャに惑わされ
ピントを外してしまっているケースもあった。まあ、使ってる方が、ピントが合う幅が最も狭くなる
「絞り解放」で撮る、なんていう意地悪なことをしてるからだけれどね。
写りは「シャープさ命」の現代レンズ。今更、評することなどないし、明るいレンズだから
ボケを生かした画像を望むと、シャープから大ボケの諧調が豊富で「いかにも」って感じで嬉しい。

002-6710.jpg 002-6732.jpg 002-6717.jpg

「試写」といっても、このレンズを生かした撮影などできず、いつも通りの変わり映えしない画像を
撮ることしかできなかった。というか、使うレンズの個性で自分の撮った写真が劇的に変わることなんて
ありえない。だから、古レンズばかり触っている私にとっては、安直に使える優等生この上ないレンズだ。
一つ印象に残ったのは、オートじゃなくマニュアル(手動)フォーカスで使うと、ビューファインダー
でのピント合わせが気持ち良いこと。等倍である程度ピントを合わせ、拡大して決める。この時の
ファインダーから見るピントの合った画像がなかなか気持ち良い・・・・。
あれ?これっていつもの古レンズの使い方といっしょだよね。
あれ?もしかしたら、このレンズででも手動でピント合わすつもり?
そんなことしたら、このレンズを手に入れた意味がなくなる、ぜひともそれだけは避けたい。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2219-40319efc