2014.05.05 イオンモールの密かなたのしみ
002-7281.jpg
FUJI X-E1 with XF35mmF1.4 R

「MARS 火星―未知なる地表 惑星探査機MROが明かす、生命の起源」という写真集。
【KYOTO GRAPHIE(第2回京都国際写真祭)】の会場でも販売していて、気にはなったが
手に取るまでにはいたらなかった。それが、イオンモール和歌山店のオープンカフェに置いてあった。
このカフェ、なかなか私の趣味に合う本がたくさん置いてあって、暇つぶしにはピッタリのカフェだ。
だから、家族サービスでイオンモールに行くときの密かな楽しみ、ということになる。
昨日のブログの記事にも書いたように、この写真集が「欲しい本」の一冊になったのも、このカフェで
じっくり読むことができたから。ソファーに座って小一時間かけてゆっくり見ていると欲しくなってきたのだ。
さて、このカフェ、「JAMES TAYLOR」という店名で、置いてある本をプロデュースしているのが、

【BACH】という、「本」の文化をもっと広げていこうというコンセプトに立ち上げた会社のようだ。
都会では有名なんですかね?HPを見てみると、いろんなことをやってます。
このカフェでは・・・・
【「まちライブラリー」という本棚が育っていくようなプロジェクトが行われています。
僕たち BACH が種になる本を1000冊程集め、それをベースに近隣にお住まい方たちが
本を持ち寄り、本棚をどんどん大きくしていく試みです。】
だそうで、趣味のいい「種」がたくさん置いてあって飽きない。
・・・・というか、初めて行った時、欲しい本があったので、「売ってくれるんですか?」
と店員さんに聞いてみると、「いえ、逆にお客様の本を寄贈していただければ、と思っています。」とのこと。
うーむ、コンセプトは良いし、置いてある本も興味深い。しかし、しかし、「自分のお気に入りの本」を
お店にあげちゃうのは、ちょっともったいない気がして腰が引けちちゃうなーっと思うのは私がケチだから?

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2236-6a1b6035