2014.06.29 再び、杉本博司
大阪、茶屋町にある STANDARD BOOK STORE で、杉本博司の新刊写真集、【ON THE BEACH 】を買った。
パリで開催されている大規模な個展「今日、世界は死んだ(失われた人類の遺伝子の保管庫)」展で
初公開されている、砂浜で見つけた錆びついた自動車の残骸を撮影したものを集めた写真集だ。
このモチーフ、氏のコメントを読むと『海景』シリーズを撮っているときに、たまたまみつけたモチーフのようだ。

今月号の美術手帖の特集は、この展覧会の詳細が紹介されていて、人類が滅亡した後に、さまざまな架空の
人物の視点で人類の滅亡を物語るというコンセプトらしい。その滅亡のストーリーは約30種、記事の詳細は
まだ読んではいないが、氏が今どのようなことを考え、作品化しているのか読むのが楽しみだ。

事あるごとに、「杉本博司は凄い!」とワタクシはほざいていますが、写真作品が「美しい」のはもちろん、
ここ数年の活動を知ると、もう総合芸術家、いや総合芸術格闘家・・・・と言っても良い。
古今東西の芸術と格闘しているみたい。そのバイタリティや、想像を絶する。

フランス、パリでの個展なんてさびしいこと言わないでさ、日本でも同じことやってほしいよね。
なんか、ビッグになりすぎて、手の届かないとこへ行っちゃったみたいでさみしいよね。

sugimoto202.jpg
、【ON THE BEACH 】表紙の一部をスキャン
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2267-59021611