2014.08.04 現代アートなんてこんなもの
yokotori001.jpg

ヨコトリ(ヨコハマトリエンナーレのことね)では、写真撮影ができる作品が多数あったので
気になった作品を撮ってきた。これはポーランド出身のアリーナ・シャポツニコフという作家の作品。
作品の初見は「なんだろう?」って感じ。作家自ら書いたコメントを読んでみると・・・「なるほど」

このあいだの土曜日、ポルトガル産のピンクの大理石でできたロールスロイスを何時間も
磨いていてくたびれた私は、何の気なしにガムを噛みながら、太陽の下、空想に耽っていた。
すると突然、口の中でいびつで奇妙なかたちを生み出しながら、歯のあいだであちこち動いて
いるものが、素晴らしい抽象彫刻であることに気づいた。
あとはただ、咀嚼して出来上がったこの作品を写真に撮って拡大すれば、彫刻と同じくら
い堂々としたものである。
だからよく噛み砕くこと。身近なものに目を向けなさい。作品は夢と日常のはざまにある。
                               1971年6月22日 マラコフ92番地にて


現代アートなんてこんなもの。

「だからよく噛み砕くこと。身近なものに目を向けなさい。作品は夢と日常のはざまにある。」
「作品」を「仕事」と置き換えると、この言葉は普通の社会人にとっても金言である。
でも、ひとつ「ピンクの大理石でできたロールスロイス」ってなんだろう?謎
これがわかれば、もっとおもしろく作品を見られるんだけれどな・・・・。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2277-6ed67921