2014.09.17 理屈で処理すると腹も立たない、他
内田樹氏の【おじさん的思考】が非常に面白かったので、続けて【街場の現代思想】を読んでいる。
タイトルが肩っ苦しいけれど、全然肩っ苦しくはありません。世の中の腹立たしい事や、モヤモヤな
トピックスを(といっても、一昔前の出来事ですが)理論的に、かつ軽く噛み砕いてお話してくれると
いう、とても優しい本です。そして読んでいるとすっきりする。
なぜかというと、おじさんになればなるほど、世の中は腹立たしく、モヤモヤしたことが増えてきて「昔
の方が良かったんじゃないの?」と、精神が後退していく。しかし、そいうマイナス思考というか現実
逃避的引きこもり思考も、内田氏の、視点を変えたラジカルな理論を読んでいると、腹立たしいことも、
モヤモヤ事も、落ち着いて分析すればたいして腹も立たない、ということがわかる。これはある意味
おじさんのための処世訓だ。

その他・・・・
最近写真を撮っていない。ワタクシは写真を撮っていないと、写真の勉強をしたくなるようで、写真関
係の本を2冊買った。ひとつは【写真家・東松照明 全仕事】展 の図録。去年か一昨年、名古屋市美
術館でやっていた展覧会の図録だ。沖縄をモチーフにした一連の写真が気に入っている。
なんといっても印象的なのが、1971年に波照間島で撮った海の上に浮かぶ雲の写真。なんてことの
ない斜めに傾いだ構図の、空に浮かぶ雲と海を収めた写真だけれど、なんか良い。
もう一冊は、IMAの最新刊。特集が【写真とテクノロジー】。気になるじゃない?デジタル技術がここまで
世の中を席巻すると、写真の世界も変わってくる、というか、写真でどんなことができるんだろうって。
もう一つが【子どものための写真学校】って特集。著名な作家を通して、現代写真を知る、って感じ。
あ、そうそう、今一番気にいっているのが、JAZZRADIO.com ってサイト。ジャズだけを流している
サイトで、ジャンル分けされていて、そこをポチっとすると曲が流れる。ワタクシのお気に入りはピアノ
トリオ。今も聴きながらこれを書いている。ながら族って知ってる?「○○しながら○○する」っていう
人達のこと。昔はラジオを聴きながら勉強したもんだ。だから、昔に戻った気分。なんか良い。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2297-9a323db8