2014.10.27 さようなら、原平さん
赤瀬川原平氏が亡くなられた。享年77歳
原平さんを知ったのはいつごろだろう?
前衛芸術家としての氏を知るより、野間文芸新人賞を受賞した小説「雪野」を読んだのが
ファーストコンタクトだったような気がする。いや、南伸坊氏のエッセイにはまった頃かも知
れない。しかし、何と言っても、「超芸術トマソン」が、アタクシが氏に傾倒する最初だ。
「超芸術トマソン」とは不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無
用の長物。存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用において芸術
よりももっと芸術らしい物を「超芸術」と呼び・・・・Wikipediaより
これには、まいった。目から鱗が落ちた。物を見る目が変わった。視点を変えると、これほど
当たり前のことや物が新鮮に見えることをしった。そして、アートの面白さを初めて知った。
それから、勉強することも・・・・。大げさかもしれないけれど、アタクシが今豊かな人生を生き
ているとすれば、それは氏の行動や目線に共感し、そうなりたい、そんなことしてみたい、と
思いながら仕事をし、本を読み、遊んでいるからである、と言える。

つい先日、電子書籍 ibookで氏の最後の著書「墓活」を手に入れた。
最後にこんな題名を思いつくなんて、なんともまー、原平さんらしいじゃないか。氏が最後に
どんな視点で「死」と「死後」を見ていたのか、そろそろ、そんなことも身近に感じるようになっ
てきたアタクシとしては、ゆっくり読もうと思っている。とともに、氏のご冥福をお祈りしたい。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2309-a744b281