2015.01.18 今、あえて改めて名盤と言おう
1971年、11月20日、『風街ろまん』というアルバムが発売された。
東京都港区白金出身、細野晴臣24歳、岩手県江刺郡梁川村(現奥州市)出身、大瀧詠一23歳、
東京都港区青山出身、松本隆22歳、東京都世田谷区出身、鈴木茂19歳の4人の若者が組んだバンド、
「はっぴーえんど」が出した2枚目のアルバムである・・・・・
・・・・なんて書きだしたけれど、音楽好きなら誰でも知っていますね。
年末の放映されたNHKの名盤ドキュメント『はっぴいえんど「風街ろまん」(1971年)』を見たのをきっかけに
CDを買った。なんせ、名曲「風をあつめて」が入ったオリジナルアルバムだから、「買わねばなるまい」。
発売当時、アタクシはこのアルバムのことを知らなかったのか?いや、知っていた。聴いたこともあるはずだ。
ジャケットデザインも印象に残っている。メンバーのその後の活躍も、知っている。大瀧詠一にいたっては、
バンド解散後初となるソロアルバム『NIAGARA MOON』をレコードで買ったし、CDでも再び買った。
しかし、この『風街ろまん』は、なぜか知っているようで知らない、聴いたようで聴いた印象のないアルバムだった。

今、改めて聴いてみると、やはり名盤の名に恥じない名盤であると確信した。
いつもはジャケットの画像を掲載しますが、今回は中ジャケを紹介しよう。今やダウンロードして好きな曲を
手に入れる若者には「中ジャケ」と言ってもピンとこないでしょう。当時、LPレコードのジャケットは見開きに
なってまして、その見開きにも写真やイラストがプリントしてあったのです。『風街ろまん』の中ジャケは都電の
走るシーンをモチーフにした線画の鉛筆イラスト。本来はこれを表ジャケに使うところを、このイラストを描いた
イラストレーターが「4人の顔にしようよ」と提案して表ジャケは4人の顔を並べたイラストになったと、松本隆氏が
テレビの中で語ってました。まあ、そんな周辺情報はさておき・・・・

img260.jpg

いや、手に入れてから、4日間聴きっぱなし。飽きない。友達に「貸してね」と言われたけれど、まだ、ちょっと無理。

それでは、何が良いのか?何がアタクシのツボにはまったのか?
まず、「詞」ですね。ほとんどが松本隆氏が書いています。軽く流すように聴くと、「なるほどねー、これが和製ロッ
クの原点か。そういえば、楽器と声が旨くリンクしてるなー」と評判通りで終わってしまうけれど、じっくり聴いてい
ると、日常と非日常が混在した情景が言葉として組み合わされ、音階に溶け込んでフラッシュバックのように、
目の前に広がる。22歳のロック好きの若者が宮沢賢治の世界に影響を受け、変わりゆく彼の故郷、東京の街を
モチーフにした詩はシュールで美しい。アタクシは、この歳になって初めて「詞」が良いな、っと思う日本の楽曲を
知った。彼は、この後、歌謡界で作詞家として数々のメジャーヒットを飛ばし、名実ともに人気作詞家になる。

そして、大瀧詠一氏の書いた曲だ。ロックのかっこよさとはこのことを言うのだろうと思った。
昔からアタクシは、「英語圏のバリバリのロック」は結構認めるけれど、「日本語のバリバリロック」には興味はない。
まあ、自分の名前入りのタオルを首に巻いてマイクスタンドをくるくる回すY氏や、それ系のバンドには興味がわか
ないということだ。しかし、このアルバムに収録されている大瀧氏の「はいからはくち」と「颱風」の二曲を聴いている
と、まぎれもなく「和製ロック」なのですが、歌い方なのかなー、リズムなのかなー、聴いていて心地よいんだよなー。
それと、余裕がある、気合で歌っていない。そうだ、感情がこもっていない、と言ってもいい。それが良いんだ。
この傾向はアルバム全体にあって、メンバーすべてのリードボーカルに「感情」が込められていないのが良いのだ。
ロックに感情が加わると演歌になっちゃうもんね。
大瀧詠一、数々の名曲を残しながら、 2013年12月30日死去。日本の音楽界の巨星であることは間違いない。
いやー、久しぶりの更新でまた長くなっちゃった。
もう、半世紀近く前のアルバム。アタクシのようなリアルタイムでこのアルバムを知った人間にとっては
名盤であっても、知らない世代はどんな印象を持つのだろう。このバンドは凄い!と言ってもピンとこないかな。
でも、一度聴かせて感想を訊いてみたいな。1962年生まれのMさん、貸してあげたいけど、もう少し待ってね。


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2326-8762fe82