2015.03.22 NOKTON 50mm F1.5Aspherical 短評
002-8918.jpg

コシナ製NOKTON 50mm F1.5Aspherical銀鏡胴。
友達所有のこのレンズ、本人がいらないって言うのでもらった。(ウソ)
本家本元、1951年製のレンズのオマージュとして登場したこのレンズ。オール金属はさすがに重い。
アタクシも、オリジナルのようでオリジナルでない、Lマウントのこのレンズを持っているが、やっぱり重い。
重いのはピントリングや絞りリングにの操作感にも宿っていて、今よく使っているフジフィルム製のレンズと
比べても歴然としている。ただし、これはマイナス要因ではなく、ピントリングの重さは、微妙なピント調整に
はちょうどいい重さだし、絞りリングのクリック感の重さには高級感がにじみ出ている。
今のレンズはオートフォーカス命だから、こういうマニュアル操作は二の次、操作感なんていう人の感性を
刺激するような部分にお金をかけていないことがよくわかる。細かいことを気にする人に違和感を感じるだ
ろうことがひとつある。普通はピントリングがボディ側にあるが、このレンズはオリジナルのレンズを真似て
ピントリングと絞りリングの位置が前後逆になっていることだ。まあ、たいしたマイナス点ではないが、
マニュアル操作を常としている人は、慣れるまで我慢しなければいけないだろう。
唯一残念なのはフードだ。ここまで、オリジナルにこだわるならフードもオリジナルに似せてほしかった。
オリジナルはアルミの角型フードで、フォクトレンダーの「V]のマークが刻まれてある。
002-8906.jpg002-8899.jpg002-8907.jpg

このレンズが「NOKTON」と名乗れる資格は、やはりその写りでしょう。
デジタルカメラの場合は、ボディ側の設定や現像で微妙な差はあるが、今回試写してみて
(本来ならJPEG撮って出しが正しいが)自分の好みに現像しても、「NOKTON」は「NOKTON」だった。
・・・・曰く、薄絹を纏ったような柔らかい、コントラストを抑えた描写と言おうか・・・・
同じドイツブランドのカールツァイスとは真逆のような気がしないでもない。

レンズの味というのは、趣味性が高いほど個性的で、それがカメラ趣味の醍醐味のひとつだ。
コシナはそんな趣味性の高いレンズを、色々な形でアタクシ達カメラ好きに提供してくれる、日本では
唯一無二の会社として確固たる地位を確立している。ただ、ひとつ、この会社には宿題は残っている。
台湾のベンチャー企業が、35mmフルサイズセンサーを搭載したMマウントのデジタルカメラを開発中だと
Webサイトで公表している。資金さえ集まれば、2016年には発売できるのだそうだ。
コシナはフィルムのBESSAシリーズ以来、カメラ本体をリリースしていない。

前にもこのブログで書いたことがあるが、BESSA-Rデジタル。これがコシナの宿題だ。


Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2353-5d21c867