2015.08.04 スッキリしたい人、必読!
003-1853.jpg
FinePix X100

内田樹氏の【街場の戦争論・ミシマ社】を二日で読み終えた。
これは、我が読書履歴の中で、「十五少年漂流記」を一晩で読み終えて以来の快挙だ。
去年の今頃か、【「おじさん」的思考】を読んで以来、ここ1年ほど氏の著作が気に入って、
立て続けに4冊ほど読んだ。この著書はモヤモヤした「今」の日本の在り様を
(アタクシは、そう思っている)「そいうことかー、なるほどねー」とすっきりさせてくれる、
今最もホットな(アタクシの立場に立てば)論考であると思われ、一気に読み終えることができた。

モヤモヤの要因はいくらでもある。
安保法制を国民に理解してもらいたいと、メディアに登場する首相の白々しい説明。
それを支えているはずの、腰ぎんちゃくな人々の、国民(若者ふくむ)をバカにした言動と態度。
責任のなすりつけ合いだけで、だれも責任を取ろうしない、国立競技場の失策。
そういえば、民放の旅番組になぜか文部科学大臣がゲストに出ていた。
でも、出てるだけで積極的に参加してるわけでもないんだけど・・・不思議だねー。
突然、辺野古工事の一時中止を発表する官房長官・・・・なんとまー、このタイミングで。

まあ、なんていったらいいんだろうなー、錯乱状態?崩壊寸前?
大丈夫なのかなー、このまま任せておいて。不味いんじゃないかなー、
最初偉そうに言ってたのに、こんなにフニャフニャになった集団に任せておくの。
これも某国の陰謀かなー。特定秘密保護法と集団的自衛権を含む安保法制を
通して、現政権がポシャり、また違う政権ができて、最も得するのが某国。

内田樹氏の論は、この一連のモヤモヤを判りやすく納得させてくれる。
しかし、それは、決して明るい未来の日本を想像できるものではない。
だから、アタクシ達一般ピープルだけでも、現状を理解し、しっかり考えなくっちゃ。
もし、「このままでいいのか日本」と思うなら・・・・是非!

003-1855.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2396-ed9d24ee