2015.12.31 2015年の○と×
年々、ブログの更新回数が減ってきてはいますが、まあ、良い。Let it be
今年もしつこく○と×

○は衝動買いをしなかったこと。
2012年の暮れに FUJIFILM X-E1 を買って以来、カメラ本体を買っていない、と自慢しておこう。
マイナーチェンジしてX-E2になったが、全然大丈夫。
それと、35mmフルサイズのデジカメも手に入れられるお値段になってきたが、それほど食指がわかない。
そんなこともあって、楽しい楽しい(アタクシがね)カメラレビューを書くこともできないが心配いらない。
来年春にはきっと新しいカメラのレビューをお披露目することができるでしょう(たぶん)
どんなカメラか?
ヒント・アタクシはデジカメは好きだが、フルサイズデジカメにはいかない。小っちゃいのが好き。

☓は写真の公募に応募したけれど連敗。それに個展を開く勇気がなかった、残念。
自分が良いと思っても、相手に伝わらないと何にもならない。

今年の夏、デモに参加した。
色々な考え方があるから、それはそれで議論して、ちょうどいい塩梅の着地点があると思うし、
大切なことを決めるには時間がかかっても仕方のないことだと思うのだが、今の流れには疑問を持っている。
その流れとは、権力者が、自分が理想であると思っているこの国の未来の姿に変えるために、用意周到な準備と
綿密な計画のもとに社会をコントロールし、近い将来、彼らが望む最終地点に着地させようとしているような流れ。
その政治家達の姿が悍ましく見える。
だって、「自分が理想であること」と、一億数千万人の「命と生活を守ること」とは全く別次元の話。
「国」は「民」のためにある。そこんところ勘違いしている政治家の横暴な考え方に大きな×。
来年、私たち選挙「民」が、今の権力者がぶら下げる目の前のニンジンを追いかけるのか、それとも、
彼らが考える日本の理想像が、後世の日本人の「命と生活を守ること」になるのか、我々の想像力を
最大限必要とする年になることは間違いない。2016年、なかなか刺激的な一年になりそうだ。

003-9961.jpg
さて、個人的な来年はどうしよう。
この秋に行った天竜浜名湖鉄道での鉄道写真撮影は楽しかったな。また、機会があればやってみたい。
あとは、ケセラセラ・・・なるようになる、まっ、自然体と言うことか。それのほうが、体にいいしね。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2416-4de9c831