2016.02.07 PLAUBEL makina 67
お久しぶりです。
昨年末に宣言して新しく導入しようとしていたデジカメ、実はペンFデジタル。
しかし期待外れの外装デザインで意気消沈していたワタクシ。
突如の発想転換!マイクロフォーサーズの真逆、デジタルの真逆。

そう・・・それは・・・PLAUBEL makina 67 (プラウベルマキナ67)。
Hasselblad とZeiss Ikon 、その他二台のデジカメを下取りに出し、手に入れたフィルムカメラ。
え~!? っという人がいるかもしれない。いまさら何を?と言われるかもしれない。
続々と昔からあった定番フィルムが製造中止になって久しく、たまに行くヨドバシカメラのフィルム
売り場が年々縮小され、近所の写真屋さんでのブローニーフィルムの現像ができなくなり、もうす
でに絶滅危惧種となりつつあるフィルムカメラの、それも中判カメラ・・・それがマキナ67である。
お金の無駄遣い、経済観念まるでなし。ワタクシは天邪鬼です。人の世に逆らって生きる人です。
だから、このフィルムカメラを手に入れた、とも言えるかもしれない。

では、なぜ、PLAUBEL makina 67なのか?そこんところの疑問にお答えしましょう。

え~っと、まず、機械だからです。
デジタルカメラは電化製品です。アタクシの「カメラ」を使う楽しみの一つに「機械いじり」に近い楽しみがある、
と思っているわけですが、昨今のデジカメは大なり小なり電化製品と同じです。初見でも使える、それに
お金を出しさえすれば、いくらでも「綺麗であると思われる」画像が得られる。それは、高機能の電子レンジで
「美味しいと思われる」高級料理を調理するのと同じではないか?と思っているのです。
Hasselbladを使っていた時も思っていたのですが、機械は「使いこなす」のにある程度の知識と経験が必要です。
どうやったらうまくに使いこなせるのだろう?と試行錯誤を繰り返しながら使う楽しみ。機械にはそれがあります。
簡単に手に入れられる快楽ではなく、苦労するほうがその喜びは大きい。
だから、Hasselbladの後継機種として、このカメラを選んだ、というこじつけのアタクシなりの理由があります。

次は・・・そうだな、普段持ち運べる中判カメラの魅力です。
アタクシはもう10年ほど一澤信三郎帆布製の、縦型の中型ショルダーバッグを使っています。
このバッグにすっぽりと入って、バックの形が崩れず、なおかつ人と違ったカメラを持っていたい。
その理想形がこのカメラであると、昔から思っていたのです。
それはワタクシの撮影スタイルに関係するかもしれません。
アタクシは「さあ、何か写真撮りに行くぞー」というスタイルではありません。
普段の生活の中でビビ!ときた対象にレンズを向けたい、と思っているタイプです。
だから、Hasselbladではせっかくの宝の持ち腐れ、普段持ち歩くにはアタクシには荷が重い。

最後に・・・これが最大の理由かもしれません。
カメラのもっとも大切な部分は「レンズ」です。レンズの良し悪しでそのカメラの魅力が決まります。
レンズの魅力とは何か?それははっきり映ることではなく、ピンボケの部分が綺麗かどうかだとアタクシは
思っています。Hasselbladのプラナーという80㎜のレンズはとても良いレンズです。つまり、ピンボケの部分
がとても綺麗です。他のメーカーのレンズにもたくさん、ピンボケが綺麗なレンズがあります。
しかし、これらの良いレンズは比較的大きかったり長かったりして、携帯性を考えるといかがなものか、
ということになる。このカメラについているのはニッコール 80mm/F2.8 というニコン製のレンズがついています。
同じような使い方ができる富士フィルムのGF670 というフィルムカメラがありますが、撮った写真を(ネット上での
デジタル画像ではありますが)何種類も比較してみるとどうしてもマキナについているニコン製のレンズに軍配が
上がる。ピントがぼけている部分が滑らかで優しい。この美しさは何物にも代えがたい魅力です。
それが、折りたためて(その様子は次の機会に)コンパクトになる。これがこのカメラの最大の魅力です。

なんと!3年ぶりに手に入れた新しい(古いですが)カメラ。久しぶりに語ってしまいました。
えっ?物撮りして紹介しないのかって。もちろん、やらせていただきます。(誰が興味あんねんって話ですが)
機械としての造形物の魅力をお伝えできれば、と思っています。それではまた・・・

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2419-fdd40422