--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.02.08 makina好きのためのミーハー的情報
マキナを使っている写真家を調べてみた・・・・

荒木経惟・石川直樹(670)・金村修・小林紀晴・鈴木理策・ホンマタカシ・元田敬三(W67)・森本美絵
写真家じゃないけれど、映画監督ヴィム・ヴェンダース
【写真家別使用カメラ辞典】、他より引用(670およびW67はマキナ67のバージョン違い)
調べてみた、と言いながら、薄々知っていた、いや、これら写真家のほとんどがワタクシの好きな写真家なのだ。
つまり、このカメラを手に入れた理由の深層心理の中に、まことに恥ずかしながらミーハー的要素があったのです。(告白)

特に、『ベルリン・天使の詩』や『パレルモ・シューティング』などの映画監督、ヴィム・ヴェンダースが
敬愛する小津安二郎のオマージュとして、夫婦で旅した京都から尾道・鞆の浦・直島への道中を収めた
写真を見て、こんなロードムービーみたいな撮影旅行をマキナとしてみたいなー、という妄想が頭の片隅に
あったからでしょう。試写がてら友人の車に乗せてもらって某温泉に撮影に行ってきたぐらいです。

さて、予定通り、このカメラを毎日カバンの中に入れて通勤し、最低1枚だけでも気に入った情景を
撮影しようともくろんでいますが、なかなか使うチャンスがありません。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2423-a89501a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。