2016.02.18 手塩にかけると、かわいく見える
ごめんなさいねー、突然、フィルムカメラPen-FTを使ってモノクロフィルムで撮った写真を連続で投稿して。
たいしたテーマもなく漠然と気になったものを撮った写真だけれど(いつものことだ)、スキャニングがそれなりに
成功して、ごみ取りを一生懸命やっていると、一枚一枚の写真が愛おしくなってきちゃってさ、見せたくなるわけ。
しかし、マキナで撮った中判フィルムはいまだ、本の中に挟まって眠ったままだ。(カールを矯正している)
早くやりたいんだけれど、カールしたままスキャンしても惨憺たる結果になるのは目に見えている。
だから、ここは我慢我慢。

003-427004.jpg
OLYNPUS PEN-FT with E・Zuiko 38mm f1.8

それにしても、自分の撮った写真を「愛おしい」なんて書くところが気持ち悪いが、変態じゃないからね。
もう、何年も写真を趣味にしていると、倦怠期というか、撮った写真をすぐに見たいという思いが薄くなってきた。
その日に撮った画像を、夜には必ずハードディスクに移し、モニターで見ていたのが、最近はカメラのSDカードに
入ったまま、放置状態の日もたまに出てきた。そういう、自分の撮った写真に対する責任というか、気持ちの込め
具合が、JPEGだと希薄になってきたのだろう。
いつも書いていることだけれど、作業によってその画像が自分の思うイメージになっていく快感。
このフィルムスキャンでは、RAW現像に比べて手間もかかり、大変なことは大変だけれど、出来上がった時の
満足感は、ベースがひどければひどいほどその度合いは大きい。その作業工程を楽しむ余裕、ベテランの域。
フィルムカメラで写真を撮りたければ、フィルムスキャンを苦にしない「のんびり屋さん」でないと無理かもね。
ゆっくり育てる、世話を惜しまない、忍耐強く接する・・・・子育てと一緒・・・・なんちゃってね。
Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2430-cb24b18e