2016.04.07 私はわたしを見つめている
見てきたよー、大阪国立国際美術館で開催されている
「森村泰昌:自画像の美術史-『私』と『わたし』が出会うとき」展・・・・

森美術館で開催された五百羅漢図展で注目されていた村上隆が東の横綱なら、西の横綱が森村泰昌だ。
レオナルド・ダ・ヴィンチに扮したセルフポートレイトから、幼いころに持っていたぬいぐるみと家族写真を
組み合わせた作品まで、もう、森村泰昌ワールド全開の展覧会だった。
この作家の作品を気持ち悪いと評する人がいるが、ある意味理解できる。
アタクシも初めて見たとき、「気持ち悪い」と感じた。
しかし、気になって気になって仕方がなかったし、その時の印象は今でも鮮烈に記憶の中にある。
美術史の中で燦然と輝く作品に、自分の姿を落とし込んだ表現は、大阪人特有のどぎついしゃれっ気
が「面白い」と思ったからだろう。しかし、それだけではポップカルチャー方面で活躍することになるが、
そこではない次元で、この作家の特殊性というか凄みがあることは、なんとなく感じていた。

・・・・・で、本展覧会であるが、「写真を撮るのはご自由に」ということなので、最初は気に入った作品
全体を撮っていたのに、途中からそのポートレイトの眼だけをクローズアップで撮っている自分がいた。
いやいや、この展覧会の醍醐味は「眼」ですよ「眼」!
展覧会の題名が【自画像の美術史】となっているからわかるでしょうが、古今東西の自画像作品に
扮した森村のセルフポートレイト。絵画の自画像はいくら頑張っても絵の具の質感を消すことが
できないから、「眼」も「絵」。当たり前だけれど、「眼」も「絵」の一部。だから、こちらもその「眼」に
対する気持ちも少しはやわらかい気持ちで接することができる。しかし、森村の作品は最終的に
写真として成立しているから、「眼」だけには「絵の具」が塗れない。よってその「眼」は森村自身の
「眼」。その眼がこちらを見つめている。
あっ!わかった!森村作品の気持ち悪さと魅力は絵の具では隠せない、こちらを見つめる「眼」の凄みだ。

この展覧会は1部がこれらセルフポートレイトで構成され、2部は「自画像のシンポシオン」と題された
ビデオインスタレーション(平たく言えば映像表現)。自画像を描く画家たち(画家に扮した森村)と
森村本人が登場し、私とは何か、という哲学的問題をそれぞれのひとり言として語る映像。
少し退屈、だから居眠りこいてしまった。記憶に残っているのがフェルメールの独白、「なるほどねー」と
フェルメール絵画の真実を垣間見た。それに「やっぱ勉強してるなー、森村」って感じ。
勉強しないと語れない興味深い切り口だったなー。美術の先生、もっと勉強しろよって感じ。

006-8862619.jpg
006-8862629.jpg

森村の著書のなかに「まねぶ美術史」というのがある。
2010年に高松市美術館で開催された展覧会 「森村泰昌 モリエンナーレ・まねぶ美術史」のカタログとして
出版された著書である。美術史を公的な一般論的なものとしてとらえるのではなく、私的な個人史で語ることに
よって、等身大の美術史を見つけ出す(本人談)。先人の作品に「学び」「真似」ながら今の表現にたどり着いた、
その自分史を赤裸々に明かした著書だが、その内容にアタクシはいたく感嘆した。
大御所のことをこんなことを言うのは失礼極まりないが、絵描きとして決して天才的であったり、天賦の才能が
あるようには思えないごくフツーの画学生、そんなフツーの画学生が・・・
似せることが目的ではなく、その表現の中に自分が入っていくこと、その体験が重要だからです。思えば僕が
現在まで続けている「セルフポートレート」の作品群も、名画や歴史的シーンの中に自分が入っていくもので、
「まねぶ」精神は今の僕の作品にも重要なものです(本人談)。
アタクシは「その表現の中に自分が入っていくこと、その体験が重要」っていうところに膝を叩いたね。
真似ることはダメじゃないけれど、見てくれだけ真似たってダメだっていうこと。
そして、無垢な創造なんてない、創造とは、先達が紡いできた歴史の中に今の自分を置くことから始まる。
そんなことを言ってるんじゃないか、と感銘を受けたのだ。
この展覧会は、そんな芸術家としての、改めての宣誓なんじゃないか、そんなことを感じた。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2444-f052f75a