2016.04.23 まさに、お宝
もし、JAZZ初心者の女性に、JAZZの名盤をお勧めするとしたら、あなたは何を薦める?
そりゃ、ビル・エヴァンス の「Waltz For Debby」でしょう・・・・となるはずだ。(たぶん)
いやいや、そんなことはないでしょう・・・・という人がいたら手を挙げて発言してください。

まあ、そんなあほらしい論はさておき、ビル・エヴァンスは、JAZZの歴史の中では、
絶対外せないピアニストであることは確かだ。アタクシも初心者のころ、名盤といわれる
「Portrait in Jazz 」、そのあと「Waltz For Debby」、「Explorations」・・・・と、日に日に、
わがレコード収集に彼のリーダーアルバムが増えていった。増えていきつつ、一番のお気
に入りは?と問われると、「At the Montreux Jazz Festival」。つまり、ベース、エディ・ゴメス
ドラム、ジャック・ディジョネットを従えてのモントルージャズフェスティバルでのトリオライブ。
ビル・エヴァンスのトリオ演奏といえば、冒頭に紹介したアルバムでのトリオパフォーマンス、
特にベースのスコット・ラファロとの掛け合い(笑)が富に有名であるが、このライブでは
ドラムのデジョネットのフレッシュな演奏に後押しされ、実に颯爽とした演奏を展開している。
しかし、このトリオパフォーマンスが聴けるのは、このアルバムしかなかったのだが・・・・

img529.jpg
日本語版ジャケット表裏紙をスキャン

あったんですねー、それもスタジオ録音が・・・・
「Some Other Time : The Lost Session From The Black Forest」
日本語版のライナーノーツの冒頭に、この録音がモントルーでの演奏後、イギリスでの公演中、
ハンス・ゲオルク・ブルンナー=シュワーというドイツ人の電気会社の役員さんのリビングルーム
で録音されたこと、当時のエヴァンスはヴァーブというレコード会社と契約していたので、発表できず、
このテープはそのハンス氏のリビングの棚にずっと保管されていたことなどが書かれていた。
凄くね?まさに、お宝発掘だね。
こういうアルバムはきっちりしたステレオ装置で聴きたいものだが、そうもいかず、
とりあえず移動型ジャズ喫茶(自分の車のことね)で聴いてみた。
最初の印象は、古い録音って感じではない、凄く良い音。原版の録音が良いのだろう。
モントルーでの聴衆の前での演奏ではないので、エヴァンスもリラックスした感じだ。
いや、3人ともリラックスしている。リラキシン・アッツ・ハンス邸だ。
リラックスしている分、モントルーでの演奏より音の緊張感は薄い。
しかし、この3人の掛け合いは特筆もんだ。
ディジョネットのシンバルやスネアドラムをスティックでたたく軽い音にエヴァンスが反応し、
そしてその逆、エヴァンスのたたく鍵盤の音にディジョネットが反応する。エヴァンスのピア
ノがディジョネットのドラムを聴きながらハミングしているようだ。そして、エディ・ゴメス。
彼のベースは二人の演奏に乗って唄い踊り、時にはひとり脇役となって二人を支える。
もう、何度か繰り返し聴くが、聴くたびに気持ち良さが増してくる。ディス・イズ・ピアノトリオ!
「Portrait in Jazz 」に代表されるヴァーブ時代のトリオ演奏を「美しい」と評すなら、この
トリオ演奏は「清々しい」。きっと若々しい二人に熟したエヴァンスが反応したからだろう。

もし、JAZZ初心者の女性が、「JAZZって聴きたいんですけどー、何かお奨めあります?」って
訊かれたら(そんなことないと思うけれど)、「あんまり重いのはいやだよねー、だったら新譜だと
ビル・エヴァンスのSome Other Time が良いんじゃないかなー」と、今の私なら答える。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2449-084bb2d3