2016.05.16 アタクシリアルとダレカノリアル
「絵画」は、カメラという機械を通して表現する「写真」より強い・・・・と先日の記事に書いたが、
自分で書いていて「ほんまかいな」と思い直した。
そう思ったのは、待ち合わせ場所で、ボーっとその場にいる人々を見ていてのこと。

アタクシはその人々のことは知らない。で、そのシーンを具象絵画で表そうとしよう。
アタクシは、構図を決め、下絵を描き油絵の具で描き始める。描きながら、きっとこう
思いながら描くはずだ・・・・この人物達はどんな性格をしていて、どんな人生を送ってきて、
今何を考えているのだろう?・・・・そんなそれぞれの個性を、アタクシの妄想で描き上げる。
つまり、想像力というやつが邪魔をしてリアルには描けない。
そこには、(写真のように)いくら精細で超リアルなシーンを描こうとも「現実」のリアルではない。
アタクシの脳みその中にある資料を基にした、そこにある記憶を再現しただけのことだ。
画家は自らの想像を長い時間を費やし、そのシーンを再現する。

ならば、そのシーンを写真で再現したとしよう。ただ、撮りました、というやつだ。
途中経過はシャッタースピード分しかない。シャッターを切ろうと判断した一瞬の出来事。
そこに写っているのは、リアルに、その時のそれぞれの性格や人生や思いであるはずだ。
そして、そこにあるリアルは写っているそれぞれのリアル。シャッターを切った人物の想像の
つけ入るすきはない。レンズという思考のないガラス球があるだけだ。
冷徹なガラス球を通してのみ表せるもの、絵画にはない写真の強みはそこだ。

絵画は「アタクシリアル」で、写真は「ダレカノリアル」・・・・なのかもしれない。
そこで、本日の結論。「絵画」は、カメラという機械を通して表現する「写真」より強い・・・・と
思ったのは、「物品」としての存在感。しかし、イメージの存在感は双方引き分けとしよう。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2460-0f2ea1e0