2016.08.31 敬意を表したい
005-59911.jpg
LEITZ minolta CL with COSINA Voigtlander NOKTON 40 mm F1.4 SC

友達の誘いを受けて、古くから銀塩写真に取り組んでいる方の家にお邪魔させてもらった。
その方は、写真の入口(カメラのこと)から出口(プリントのこと)までの造詣も深く、アマチュア写真のグル
ープに所属し、定期的に開催されるそのグループ展に出品したり、全国規模の○○会に出品している、
所謂こだわりを持った熱心なアマチュア写真家。二度ほどその方が所属するグループ展に出向き、単写
真を拝見したことがあったものの、その方の撮られた写真は、技術的には高度なテクニックでプリントされ
ていたものの、正直それほど魅力的だとは思わなかった。

その方の趣味部屋は、整然と整理された暗室と、額装の際に必要なマットを切る道具を置いた部屋があり、
長年銀塩写真に取り組んできた趣味人の部屋としては理想的な空間だった。そんな素敵な場所で、こちら
の知らないことを色々質問させていただいたり、マット切りも体験させていただいたりと、楽しいひと時を過
ごさせていただいた。しかし、そんな技術的なことより、最も感銘を受けたのが、その方が今までインドとア
メリカでの旅先で撮りため、自分で気に入ったシーンを全紙大にプリントされた未発表の多量の写真だった。
それらの写真は、額装して展示された写真よりはるかに素晴らしく、部屋いっぱいに並べられた作品を分類
して見ていると、個展ができるほど十分な質と量で、思わず「個展、開きましょうよ」と勝手なことを口走ってし
まった。そして、長年こだわりを持って取り組んでいるこの方の写真を観ていると、ヴィヴィアン・マイヤーの
作品を思い出した。そうなのだ、こだわりを持って続けていると、それは誰でもないその人の「作品」として評
価しえる価値が出てくるのだ。それは、決して一発勝負の印象的な魅力ではない、十分時間をかけて熟成さ
れた魅力。そんな「作品」といえるプリントされた写真を拝見しながら、同じアマチュアとして敬意を表したい、
とも思った。

Secret

TrackBackURL
→http://washiaya.blog72.fc2.com/tb.php/2497-a93c1b2d